役に立つ「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

資産を守る方法:預貯金を外貨に換える

資産を守る方法:預貯金を外貨に換える

 

よほどの金持ちや金融スキルを持っている人は別ですが、一般人の収入では老後の生活でお金が足りなくなる可能性があります。

 

なぜなら日本経済は将来的に衰退していくからです。日本の人口はこれからも減り続けるので、経済が衰えていくのは当然の流れといえます。

 

経済が衰退すると企業の経営が悪化し、従業員の給料が減っていきます。普段の生活で使えるお金が少なくなり、さらに経済が衰退していきます。「負のスパイラル」により、国民の生活はどんどん苦しくなっていくのです。

 

これが高度経済成長期などであれば、預貯金をしているだけで勝手に資産が増えていきます。稼いだお金を銀行に預けるだけで資産が増えたので、老後の生活を心配することはありませんでした。しかし、これからの時代はそのように経済が成長することはあり得ません。

 

このような将来予測が立てられるため、自分の資産は自分で守り、老後に備えなくてはならないのです。

 

資産を守る方法はさまざまありますが、そのなかでも「預貯金を外貨に換える」という方法はとても有効です。外貨の保有はこれからの時代に合った資産保全法といえます。

 

そこで今回は「預貯金が資産にならない理由」や「預貯金を外貨に換えるメリット」などについて解説していきます。預貯金しか資産を持っていない人は、外貨保有を検討してみることをおすすめします。

 

預貯金が資産にならない理由

日本人であれば誰もが預金(銀行に預けているお金)や貯金(ゆうちょ銀行に預けているお金)を保有しています。「預貯金を持っていない」という人はほとんどいません。

 

預金や貯金は私たちに馴染みのある資産だからこそ、「預貯金=資産」と認識している人が多いです。この認識は間違ってはいませんが、考え方としては不足している部分があります。

 

なぜなら預貯金の価値は一定ではなく、経済状況によって価値が大きく減ってしまうことがあるからです。

 

仮に1,000万円を持っていても、日本に存在しているすべての物の値段が2倍になれば、500万円分の価値しかなくなってしまいます。預貯金の価値は「物価」によって常に変動しているのです。

 

それでは、将来的に経済が衰退していく日本において、物価はどのように変動していくのでしょうか? その流れを把握するためには、日本の借金問題と向き合わなくてはなりません。

 

日本の借金と解決法

日本の借金は1,000兆円を超えています。これほどの借金を抱えている国は世界でもほとんどありません。そして、この借金が毎年数十兆円のペースで増え続けているのです。

 

これほど莫大なお金を貸しているのは、私たち国民です。私たちが銀行やゆうちょ銀行に預けているお金は、それぞれの金融機関を通して国に借りられていたのです。

 

国内での貸し借りとはいえ、国としてはこのまま借金を放置するわけにはいきません。さまざまな対策を講じ、借金問題を解決しようと動いているのです。

 

その対策の中で最も効果的なのが「お金を大量に発行する」という方法です。お金を大量に発行し、日本の資産が増えるほど、「借金の価値」が薄まることになるからです。この流れを具体的に考えていきます。

 

お金の流通量が増えると、預貯金の価値が目減りする

国民の資産を合計すると1,700兆円くらいになります。つまり、借金の割合は「資産の6割程度(1,000兆円÷1,700兆円)」ということになります。

 

仮に借金が1,700兆円を超えてしまうと、日本はお金を借りる相手がいなくなり、国家破産してしまいます。そうなった場合、あなたが銀行やゆうちょ銀行に預けたお金は返ってこなくなるのです。

 

そうなっては国民の反感を買うのは必至ですし、世界からの信頼も失墜してしまいます。そのため、国は何としても借金問題を解決しなければならないのです。

 

ここで、お金が大量に発行され、国民の資産が3,000兆円になったとします。そうなれば、借金の割合は「資産の3割程度(1,000兆円÷3,000兆円)まで減ります。「借金の額」は変わりませんが、「借金の価値」が薄まったのです。

 

このように、借金問題を解決するために、国はお金を発行し続けざるをえない状況なのです。これは国民から借金をしている日本だからできる方法です。

 

これで日本の借金問題は解決することができます。しかし、私たち国民がその代償を支払わなくてはならないのです。

 

なぜならお金の流通量が増えるほど、物価が上昇するからです。日本に存在する物の数は変わらないのに、お金の量だけが増えていけば、物価が上昇するのは当然の理屈です。

 

上述のとおり、1,000万円を持っていても、日本にあるすべての物の値段が2倍になれば、500万円分の価値しかなくなってしまいます。

 

このように、預貯金の価値は一定ではありません。そして、日本の将来を考えると、預貯金の価値が下がっていくのは明白です。そのため、私たち自身が預貯金以外の資産を構築していかなければならないのです。

 

預貯金を外貨に換えることで資産を守ることができる

それでは本題に入りたいと思います。タイトルにもあるように、預貯金を外貨に換えることで資産を守ることができます。この理由を、具体例を用いて説明していきます。

 

例えば、Aさんが100万円を持っているとします。国が大量にお金を発行して物価が上がれば、100万円の価値はどんどん下がっていきます。預貯金しか持っていないと、資産価値を保つことができません。

 

それに対してBさんは、100万円をドルに両替したとします。仮に「1ドル=100円」であれば、100万円分の外貨は1万ドルになります。

 

このとき、国が大量にお金を発行して円の価値が下がっても、Bさんが保有しているドルの価値は下がりません。むしろ「円安=ドル高」となり、円と比較したときにドルの価値は高くなるのです。

 

世界の人口はこれからも増え続け、経済が活性化していきます。そのため、世界の国々は日本のように「お金を大量に発行する」という借金対策を講じることもありません。

 

つまり、これからもドルの量は変わりません。そのため、1万ドルの価値は保たれるのです。

 

このように、ドルなどの外貨を持つことで、資産価値を保全することができます。逆にいうと、これからの時代で「資産が預貯金しかない」というのは危険かもしれません。

 

実際に私自身もドルを保有しています。私は資産のほとんどをドルに換えているのです。ただ、本来であれば「円:ドル=1:1」くらいで保有するのが良いバランスです。そのため、私の資産配分は偏っているといえます。

 

しかし、私としては「日本経済の将来性」や「日本円での収入があること」、そして「世界経済の成長性」などを考え、あえてドルをたくさん保有しているのです(円とドル以外にも、不動産などの資産を保有して、リスクを分散しています)。

 

以上のように、外貨を保有することで自分の資産を守ることができます。そして、海外の銀行や保険会社と契約するなど、外貨を持つ方法はいくつかあります。あなたも預貯金が貯まってきたら、外貨保有を考えてみてはいかがでしょうか?


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー メディア掲載 お客様の声 お問い合わせ