一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

マイホームには「5つのメリット」と「5つのデメリット」がある

マイホームには「5つのメリット」と「5つのデメリット」がある

 

住宅には、「マイホーム」と「賃貸住宅」の2種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらが良いというのは一概には言えません。ただ、メリット・デメリットを把握することにより、自分の人生プランにはどちらが合っているのかを決めやすくなります。

 

そこで今回は、「マイホームのメリット・デメリット」を紹介していきます。あなたの人生にはどちらの家が合っているのかをよく考えてみましょう。

 

マイホームには大きく分けて一軒家とマンション(分譲住宅)の2つがあります。どちらもマイホームなのですが、マンション(分譲住宅)をマイホームにしている人は、数年間住んだら売って、引っ越してしまうことがあります。そのため、マイホームというと一軒家を指すことが多いです。

 

マイホームには5つのメリットがある
マイホームには大きく分けて以下の「5つのメリット」があります。

 

1、 家族が増えても対応しやすい……マイホームは、家族が増えることを計算して部屋を多く作るのが普通です。子どもを何人作るのかを考えてから、どのような家を建てるのかを考えます。

 

家は広いほど快適ですが、その分たくさんの維持費や固定資産税がかかります。ただ家が広ければ、高齢になった両親と一緒に住むことになっても問題なく対応できます。

 

2、 改築、増築ができる……改築、増築ができるのもマイホームのメリットです。法律の範囲内で他人に迷惑をかけなければ、自分の家をどのように改造しても誰に文句を言われることもありません。

 

部屋と部屋を繋げて一つの大きな部屋にしたり、屋根にソーラーパネルを付けたりと、家を自由自在に変えることができます。

 

3、 生命保険の代わりになる……マイホームを購入するときは、住宅ローンを組むのが一般的です。住宅ローンに付いている「団体信用生命保険」が、生命保険の代わりになります。

 

団体信用生命保険とは、「住宅ローンの返済途中で、契約者が死亡もしくは高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う」というものです。

 

簡単に言うと、「それ以上ローンを払わなくてよい」ということです。いくらローンが残っていても関係ありません。家族には家が残るので、住むのに困ることはなくなります。まとまったお金が必要なら、その家を売却してもよいでしょう。

 

4、住宅ローン控除により税金が安くなる
住宅ローンを組むことにより、年末のローン残高の1%の金額を税金から差し引くことができます。この制度のことを「住宅ローン控除」といいます。

 

仮にローンの残高が3,000万円であれば、所得税が30万円も安くなります。これほど安くなると、所得税を払わなくてよいケースも出てきます。

 

住宅ローン控除は、ローンを組んでから10年間活用することができます。10年分の節税額を合計するとかなり大きな金額になることが分かります。

 

5、 夢を叶えられる……これはメリットといってよいのか分かりませんが、「自分の家を持ちたい」という夢を持っている人は多いです。賃貸住宅ではその夢を叶えることができません。

 

マイホームには5つのデメリットがある
次はデメリットです。マイホームには大きく分けて以下の「5つのデメリット」があります。

 

1、 マイホームは負債になる……資産とは「お金を生み出すもの」のことです。マイホームは特にお金を生み出しませんし、維持費や固定資産税などのお金がかかるので、「負債」に分類されます。

 

それに対して、投資用の不動産は家賃収入という形で収益を生んでくれるので「資産」になります。

 

2、 引っ越しができない……マイホームを建てると、基本的には一生その家に住むことになります。そのため、引っ越しができません。仮に引っ越しをするにしても、今の家を売却しなければならないので時間と労力がかかります。

 

3、 修繕費などの維持費がかかる……マンションなどの賃貸住宅に住む場合も管理費がかかりますが、マイホームも修繕費などの維持費がかかります。年月が経つほど、家の色々な箇所が壊れてきて、たくさんの修繕費がかかるようになります。

 

賃貸住宅の管理費は固定金額ですが、マイホームの修繕費は家が治るまでいくらでもかかります。

 

4、 固定資産税がかかる……マイホームは固定資産税がかかります。固定資産税とは、「土地や建物を保有していることに対する税金」のことです。そのため、土地だけでなく、建物にも税金かかります。その金額は、場所や広さ、建物の大きさなどによって変わってきます。

 

マンション(分譲住宅)のマイホームの場合は、持ち分比率に応じた金額を支払うことになります。

 

5、 賃貸住宅よりもお金がかかる……さまざまなケースがあるので一概には言えないのですが、一般的には「賃貸住宅よりもマイホームのほうが多くのお金がかかる」と言われています。マイホームを検討する際は、きちんと試算することが大切です。

 

以上のように、マイホームにはさまざまなメリット・デメリットがあります。ちなみに私は賃貸住宅に住んでいます。そして、これからも賃貸住宅に住み続けたいと考えています。

 

ただ、こればかりはその人の選択なので、自分と家族の人生プランをしっかりと考え、マイホームか賃貸住宅かを決断するようにしてください。


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー メディア掲載 お客様の声 お問い合わせ