一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

教育にかかるお金:公立(国立)と私立の学費の違い

教育にかかるお金:公立(国立)と私立の学費の違い

 

あなたは「教育」にはどれくらいのお金がかかるか考えたことがあるでしょうか? 子育てをしたことがある人はある程度分かっていると思いますが、人生において教育にはたくさんのお金がかかります。

 

子どもの人数や通う学校によって異なりますが、一般的には教育費が家庭で最も大きい出費になります

 

家計に与える影響が大きいため、「教育にかかるお金(教育費)」について詳しく知っておくことは大切です。「教育費にはどのようなものがあるのか」や「どれくらいの教育費がかかるのか」などを知っておくことで、ライフプランを立てやすくなります。

 

そこで今回は「公立(国立)と私立の学費の違い」や「現代はどのような教育費が増えているのか」などについて紹介していきます。これから子育てをする予定がある人は、今回の内容を踏まえてライフプランを考えてみてください。

 

公立(国立)の学校と私立の学校では、学費に大きな差がある

教育費の中で最も大きな金額になるのが「幼稚園から大学までの学費」です。その学費は「公立(国立)の学校」と「私立の学校」で大きく異なります。基本的には私立の学校の方が、学費が高くなります。

 

※公立の学校……都道府県立および市町村立の幼稚園、小学校、中学校、高校、大学など
※国立の学校……国立大学および国立大学付属の高校や中学校など

 

※学費とは「学校や塾などで教育を受けるためにかかる費用全般」のことです。学校の授業料だけでなく、給食費、学校外活動費(塾代や修学旅行費用、そろばんやピアノなどの習い事の費用など)、入学金(主に大学)なども学費に含まれます

 

「幼稚園から大学までの学費」の具体的な金額は下記の表を参考にしてください。この表は国が試算している平均値を元に作成しています。実際の学費は学校によってばらばらなので、下記の金額はあくまでも目安として捉えてください。

 

 

幼稚園から大学まで公立(国立)の学校に通った場合、総額で約1,025万円の学費がかかります。もし大学に進学しなければ、約570万円の学費ですみます。

 

それに対して、幼稚園から大学まで私立の学校に通った場合、総額で2,400〜2,500万円も学費がかかります。もし私立の医学部に進学すれば、大学だけで数千万円の学費がかかってしまいます。

 

このように、公立(国立)の学校と私立の学校とでは学費に大きな差があるのです。

 

このような学費の違いを知ると、自分の子どもを公立(国立)の学校に通わせたくなると思います。しかし、学費だけを考えて公立(国立)の学校を選択するのはよくありません。教育の質や環境なども含めた上で、総合的に判断することが大切です。

 

教育の質という点では、私立の学校が優れていることがあります。「レベルの高い教育を受けさせたい」と考え、自分の子どもを私立の学校に通わせている親はたくさんいます。

 

大学で一人暮らしをすると家賃と生活費がかかる

教育費の中では「大学の学費」が一番大きくなります。特に私立大学では1,000万円近くの学費がかかることもあります。ただ、大学生にかかるお金はそれだけではありません。

 

大学生から一人暮らしを始める人は多いです。そのため、学費以外に家賃や生活費が発生することになります。家賃には地域差がありますし、生活費も人によって違いますが、4年間で200〜300万円のお金が必要になると覚えておいてください。

 

現代では教育費が増えてきている

現代では教育に力を入れる親が増えています。日本の将来不安に対応できるようにするため、自分の子どもを少しでも良い学校に通わせようとするのです。そのため、教育費も増加の一途を辿っています。

 

教育費の中で、特に増えているのが「塾代」です。高校受験や大学受験を控えている学生の塾代は、年間で100万円以上かかることも珍しくありません。

 

現役で大学に進学できればよいですが、志望校に合格しなかった場合は浪人することになります。そうなると予備校に通わなければいけません。さらに一年分の予備校費用が発生することになります。

 

それだけではありません。浪人するということは、社会に出るのが一年遅くなるということです。その分、給料をもらえるのも一年遅くなります。浪人を選択した瞬間、一年分の収入を失うことになるのです。

 

私は現役のときに志望校に落ち、仙台の予備校に通っていました。一年間勉強してなんとか志望校に合格しましたが、親には大きな負担をかけてしまいました。ただ、念願だった志望校に合格することができたので、自分としては悔いのない浪人生活だったと思います。

 

多くの人にとって、大学に進学することは一生に一回のできごとです。そのため、塾代や予備校費用がかかったとしても、後悔のない選択をすることも大切です。学生のときにかかったお金は、社会人になってから取り戻せばよいのです。

 

また、国際化が進み、英語の必要性が高まってきています。楽天やユニクロの親会社であるファーストリテイリングなど、社内の公用語を英語にする企業が増えてきています。英語の習得は、出世するための必須条件になりつつあるのです。

 

このような現状のため、自分の子どもに英語を習得させようとする親が増えてきています。小さい頃から英語の塾に通わせたり、海外に留学させて国際的な感覚を身につけさせたりするのです。

 

教育費はこれからも増えていくでしょう。お金をかければ良い教育を受けられるとも限りませんが、「教育費」と「教育の質」はある程度は比例します。

 

教育にはたくさんのお金がかかります。しかし、安易に教育費を削ることもできません。子どもの将来を考え、どれくらいの教育費がかかるのかを計算し、早くから教育計画を立てることが重要になってくるのです。


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー メディア掲載 お客様の声 お問い合わせ