一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

給与明細を見ることにより、税金を払っている意識を持つ

給与明細を見ることにより、税金を払っている意識を持つ

サラリーマンであれば、税金は給与から天引きされています。つまり、税金は会社が払ってくれているのです。そのため、税金を払っていると実感しているサラリーマンは少ない傾向にあります。

 

しかし、給与明細を見れば、「自分がいくら税金を払っているか」が分かります。給与明細に記載されている税金の額を把握していない人は意外と多いのですが、その部分に着目することにより「税金を払っている意識」を持つことができます。

 

そこで今回は、「給与明細と税金の関係性」について解説していきます。

 

給与からの天引きシステムの歴史
「サラリーマンの税金が給与から天引きされる」というシステムは、1940年に始まりました。当時は戦時中で、戦争の資金を集めるために、このシステムが導入されました。

 

戦争では莫大な資金が必要になるため、できるだけ早くお金を集める必要があります。しかし、個人の申告を待っていては、お金が集まるまで時間がかかります。そこで、会社に税金の取りまとめを一任することにより、効率的に税金を集めることにしたのです。

 

国は、戦争が終わってもこの制度を元に戻すことはしませんでした。効率的に税金を集めることができるという理由以外に、もう一つ大きな理由があったからです。

 

その理由とは、「サラリーマンに税金を払っている実感を持たせないため」です。サラリーマンに税金を払っている感覚がなければ、税金の使い道に関して文句を言われることはありません。

 

そして、国の狙い通り、サラリーマンは税金を払っている実感を無くしてしまいました。

 

自分で税金の申告をしなくてよいので、楽と言えば楽なのですが、税金を払っている感覚がないというのも考えものです。

 

ちなみに、アメリカでは、日本のような制度はありません。自営業であろうと、サラリーマンであろうと、自分で税金の申告をする必要があります。

 

そのため、アメリカ人は税金の使い道に関して、強い関心を持っています。税金だけでなく、政治に対しての意識の高さが違います。よくテレビなどで放映されていますが、選挙などがお祭りのように盛り上がるのも、納得できるかと思います。

 

給与明細を見ることにより、税金を払っている意識を持つ
給与から天引きされている税金には、所得税と住民税があります。その他、税金ではありませんが、健康保険や厚生年金などの社会保険の保険料も給与から天引きされています。

 

給与が多くなるほど、天引きされる税金の額も大きくなります。収入が上がってくると、だんだんと給与明細に記載されている税金が気になるようになります。

 

そうなると、税金の使い道が気になってきます。ニュースなどで、無駄な税金の使い道について知ると、納得できないと思うようになるでしょう。そのような感情になるということは、税金に対する意識が上がってきているかもしれません。

 

それでも、「けっこう税金が引かれてるな」くらいにしか思わない人はまだまだ多いです。

 

そうではなく、「自分がどれくらい税金を払っているのか」をしっかりと認識し、税金を払っている意識を持ちましょう。そうすることで、税金をはじめとして、金融や政治に興味を持つようになります。

 

「給与明細を見る」というちょっとしたきっかけから、金融知識を深めることができます。あなたも今一度、給与明細を見直してみてはいかがでしょうか?


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ