サラリーマンが確定申告をすると税金が戻ってくることがある

サラリーマンが確定申告をすると税金が戻ってくることがある

サラリーマンが確定申告をすると税金が戻ってくることがある

働いている人であれば、所得税を納めなければなりません。所得税とは、その名の通り「所得」にかかる税金です。所得とは、「収入から経費を引いた残りのお金」のことです。

 

サラリーマンであれば、「年収から給与所得控除を引いた残りのお金」が所得になります。給与所得控除とは、「サラリーマンの必要経費」のようなものです。年収によって「どれだけ給与所得控除が引かれるか」が決まっています。

 

サラリーマンの所得税は、会社が計算して払ってくれています。そのため、サラリーマンは自分で確定申告のような納税の手続きを行う必要がありません。

 

ただ、サラリーマンでも不動産収入や株の配当収入などがある場合は、確定申告を行わなければなりません。給与以外の所得も、しっかりと申告をしないといけないのです。

 

※給与以外の所得でも、20万円以下であれば確定申告をする必要はありません

 

サラリーマンでも確定申告をしなければならないとなると、「また税金を払うのか」と気を落とすかもしれません。しかし、確定申告をすることにより、逆に税金が戻ってくるケースがあります。それはいったいどのような場合なのでしょうか?

 

今回は、「サラリーマンが行うことで税金が戻ってくる確定申告」について解説していきます。

 

年末調整を行うと、払いすぎた税金が戻ってくる
実は、会社が払ってくれている所得税は正確な金額ではありません。年末にならないと一年間の所得が確定しないので、給与からはおおよその金額が差し引かれているのです。つまり、「税金を払いすぎているケースがある」ということです。

 

そのため、サラリーマンは「払いすぎた税金を戻す手続き」をしなければなりません。この手続きを「年末調整」といいます。生命保険に加入している場合や、配偶者や子どもがいる場合は、年末調整を行うことにより税金が戻ってきます。

 

ただ、年末調整をしても戻ってこない税金があります。そのような場合、確定申告を行うことで税金が戻ってくることがあるのです。

 

確定申告を行うことで税金が戻ってくるケース
通常であれば「確定申告を行う=税金を払う」というイメージかと思います。ただ、以下のケースでは、確定申告を行うことにより税金が戻ってくることがあります。いずれのケースも損失があったり経費がかかっていたりするため、税金の対象となる所得が少なくなります。

 

・退職金をもらった場合:会社を退職すると退職金をもらえます。通常であればそのときに、「退職所得の受給に関する申告書」を提出します。その申告書を提出していないと、多額の税金を払うことになります。もしそのような状況になっても、確定申告を行うことにより払いすぎた税金を戻すことができます。

 

また、給与が少ない場合に確定申告を行うことによって、退職所得を減らせることがあります。

 

・株で損をした場合:株式売買などで損をしていれば、損失分を所得から差し引くことができます。つまり、「プラス(給与所得など)とマイナス(株の損失)を打ち消すことにより、所得が少なくなった」とみなすのです。

 

・不動産を保有している場合:不動産にかかった経費(交通費や打ち合わせの費用など)を損失として計上します。この場合の不動産は、マイホームでも投資用の不動産でも構いません。理屈は、株で損をした場合と同じです。私も不動産にかかった経費は必ず確定申告するようにしています。

 

・副業をしている場合:副業にかかったお金を経費とみなすことができます。例えば、ネットオークションでは仕入れ金や交通費などが、それに当たります。

 

・たくさんの医療費がかかった場合:家族全員分の医療費が所得の5%(所得が200万円以上の場合は10万円)を超えた人は、医療費控除が適用できます。治療費や通院のための交通費、薬代などの費用を経費としてみなします。

 

・盗難や災害にあった場合:盗難や災害などの損失の一部を収入から差し引くことができます。この場合も、所得が少なくなります。

 

以上のように、確定申告を行うことによって税金が戻ってくるケースがあります。自営業の人であれば必ず確定申告を行うので、上記の内容が漏れることはありません。ただ、サラリーマンであれば確定申告の習慣がないので、見逃してしまうことがあるのです。

 

せっかく税金が戻ってくるなら、確定申告は行った方が良いでしょう。「サラリーマンだから確定申告は関係ない」と思わず、自分に当てはまるケースがないか見直してみてはいかがでしょうか?

『お金のガイドブック』: 無料メルマガ

 

メルマガの詳細

 

メルマガ登録ページ

関連ページ

税金の知識を深めるために「税金の種類」を把握する
税金の使い道:公共事業、公務員の給料、公的資金
私たちは「納税者(タックスぺイヤー)」である
給与明細を見ることにより、税金を払っている意識を持つ
サラリーマンは「源泉徴収」によって所得税を徴収される
サラリーマンが確定申告を行わなければならない「5つのケース」
給与以外の所得があるサラリーマンは確定申告の義務がある
確定申告のやり方と必要になるものを理解する
個人年金保険に加入している人は確定申告で税金が安くなる
「源泉徴収」の基礎知識:対象となるお金と計算方法を理解する
「年末調整」の基礎知識:税金が戻ってくるケースを把握する
日本、香港、シンガポールの税金(所得税、キャピタルゲイン税など)の比較
所得税の支払方法:「確定申告」と「源泉徴収」
「生命保険料控除」を活用すれば所得税が安くなる
「地震保険料控除」を活用すれば所得税が安くなる
「配偶者控除」を活用すれば所得税が安くなる
「扶養控除」と「児童手当(子ども手当)」の関係
「住宅ローン控除」を活用すれば所得税が安くなる
相続税の基礎知識:8割の人は相続税を払う対象にならない
相続税の税率と計算方法を理解する
マイホームを購入すると税金の支払いを少なくできる

ホーム メルマガ登録 運営者情報 サービスメニュー メディア掲載 お客様の声 お問い合わせ