一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

世界中にあるオフショア:香港、シンガポール、ドバイ、マン島など

世界中にあるオフショア:香港、シンガポール、ドバイ、マン島など

 

世界には、オフショアと呼ばれる「税金がかからない地域」が存在します。香港やシンガポール、ドバイやマン島などが代表的なオフショアです(国や都市、島など、オフショアの形態はその地域によって異なります)。

 

「税金がかからない」というのは、非常に大きなメリットになります。オフショアで運用を行い、いくら資産が増えたとしても所得税や法人税、相続税、キャピタルゲイン税(投資や資産運用などによって得た利益にかかる税金)などの税金を払う必要がありません。

 

そのため、世界中の資産家や投資家、金融機関、企業がオフショアに投資しています。また個人でも、オフショアで資産運用を行っている人はたくさんいます。オフショアは金融業界において、とても重要な地域なのです。

 

今回は「世界中にあるオフショア」を紹介していきます。いずれのオフショアも、金融業界の中核となる地域です。「世界のどの地域がオフショアになっているか」をしっかりと把握しておきましょう。

 

世界には40ケ所以上もオフショアが存在している

世界にはオフショアが40ヶ所以上も存在しています。そして、それらのオフショアは「アジア地域」、「中近東・地中海地域」、「カリブ海・中央アメリカ地域」、「ヨーロッパ地域」、「その他の地域」の5つの地域に分けることができます。

 

 

1、アジア地域……香港、シンガポール、ラブアン島

 

「香港」は日本に最も近いオフショアです。旅行だけでなく、資産運用を目的に香港に行く日本人もたくさんいます。

 

香港の街並みを思い浮かべると分かると思いますが、経済がものすごく発展しています。香港は世界トップクラスの金融センター(金融業において中心的な役割を持つ地域)なのです。

 

 

2、中近東・地中海地域……ドバイ、バーレーン、キプロス島、マルタ島

 

中近東・地中海地域で有名なオフショアは「ドバイ」です。ドバイはもともと砂漠でしたが、オフショアになったことで、世界中からお金が集まるようになりました。超高層ビルや巨大ショッピングモール、高級リゾートホテル、人工島などが乱立し、経済特区として目覚ましい発展を遂げていったのです。

 

 

3、カリブ海・中央アメリカ地域……ケイマン諸島、ヴァージン諸島(イギリス領、アメリカ領)、アルバ島、アングイラ島、アンティグア、カイコス諸島、アンティル諸島(オランダ領)、タークス諸島、バハマ、バルバドス、モントセラト島、ネビス、パナマ、ベリーズ

 

ケイマン諸島はマネーロンダリング(犯罪などによって不当に得たお金の出どころを分からなくし、正当に得たお金と見せること)に使われたオフショアです。そのため、あまり良くないイメージがありますが、2000年以降は改善傾向にあるようです。

 

 

4、ヨーロッパ地域……マン島、スイス、モナコ、ルクセンブルク、リヒテンシュタイン、ジブラルタル、アンドラ、ダブリン、オルダニー島、ガンジー島、ジャージー島、マディラ島

 

ヨーロッパ地域で知っておくべきオフショアは「マン島」です。マン島は淡路島ほどの小さな島ですが、とても歴史が古く、非常に信頼性が高い地域です。その証として、S&Pやムーディーズなどの世界的な格付け会社(世界中の国や地域、金融機関、金融商品などの信頼性を格付けする会社)から、最高の評価である「AAA」や「Aaa」を付けられています。

 

このような背景があるため、世界中の企業や投資家などから莫大なお金が集まります。また、日本人でもマン島で資産運用をしている人はたくさんいます。

 

 

5、その他の地域……バミューダ諸島(大西洋)、モーリシャス(インド洋)、クック諸島(南太平洋)、西サモア(南太平洋)、バヌアツ(南太平洋)

 

 

世界中にあるオフショア:香港、シンガポール、ドバイ、マン島など

 

以上のように、世界にはさまざまなオフショアがあります。なかには香港やマン島のように、私たち個人でも資産運用を行うことができるオフショアがあります。そのような地域で運用を行えば、資産を大きく増やすことができるかもしれません。

関連ページ

オフショアの基礎知識:オフショアでは税金がかからない
オフショアが存在する理由は「地域を活性化するため」である
オフショアの資産運用には「5つのデメリット」がある
オフショアでの資産運用における「優良な日本の仲介企業」の見分け方
マン島:歴史が古く、信頼性が高いオフショア
香港:日本に一番近く、日本人に身近なオフショア
ドバイ:急激に発展した中東最大のオフショア
ケイマン諸島:「巨額損失隠し」に使われたオフショア
ヴァージン諸島:アメリカ領とイギリス領に分かれたオフショア
スイス:世界で一番敷居が高いオフショア
オフショアでは資産が増えても税金がかからない
オフショア金融商品の手数料が安い理由
オフショアの金融商品は「複利の効果」を利用している
オフショアの金融機関は「世界経済の成長」に投資している
オフショアの資産運用には「ドルコスト平均法」が使われている
ドルコスト平均法で得られる利益と「平均取得単価」の関係性
オフショアの金融商品は「長期積立型」が主流である
長期積立型の金融商品には「初期口座」と「貯蓄口座」がある
長期積立型の金融商品は「4つの手数料」がかかる
長期積立型の金融商品には「3つのボーナス」が付いている
長期積立型の金融商品を解約したときの「返戻金」の概要
オフショアの資産運用は「IFA」によって成果が変わる

ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー メディア掲載 お客様の声 お問い合わせ