一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

オフショアでの資産運用における優良な日本の仲介業者の見分け方

オフショアでの資産運用における優良な日本の仲介業者の見分け方

日本人でも、オフショア(税金がかからない地域)で資産運用をしている人はたくさんいます。オフショアで資産運用を行うためには、その地域の金融機関と契約をしなければなりません。

 

オフショアの金融機関との契約は、基本的には「日本の仲介業者(基本的には会社)」を通して行います。よほど英語が堪能で、金融知識に長けている人でなければ、自分だけでオフショアの金融機関と契約することはできません。

 

実は、日本には意外とたくさんの仲介業者があります。ただ、どの業者も良い仲介業者というわけではありません。契約時に内容をきちんと説明してくれなかったり、アフターフォローが悪かったりと、決して優良とはいえない業者もいるのです。

 

誰しもが「せっかくなら優良な仲介業者と契約したい」と思います。それでは、そのような業者と契約をするためにはどうすればよいのでしょうか?

 

そこで今回は、「優良な日本の仲介業者の見分け方」について解説していきます。オフショアで資産運用を行う上で、優良な日本の仲介業者と契約することはとても大切です。資産運用を始めるときの重要なポイントになるので、しっかりと内容を理解してください。

 

日本の仲介業者の役割
日本の仲介業者は、オフショアの金融機関と日本のお客様を繋ぐための重要な役割を持っています。そのため、「金融機関とお客様の橋渡し」をしているイメージを持ってください。基本的には、仲介業者は契約時から一生涯にかけてサポートをしてくれます。

 

仲介業者が初めに行うことは、「オフショアの説明」です。「オフショアとはどのような地域なのか」や「オフショアの金融機関の概要」、「オフショアの金融商品について」など、お客様に対してさまざまなことを説明してくれます。

 

仲介業者が次に行うことは、「契約の手続き」です。オフショアの金融商品の契約書は、基本的には英語で書かれています。その内容をお客様に和訳して伝え、どの項目にどのようなサインをすればよいのかを教えてくれます。

 

その後も、仲介業者はことあるごとにお客様のサポートを行います。具体的には、お客様からの質問に対応したり、金融商品の売買の要望に応じたりします。

 

また、ほとんどの仲介業者は運用レポートを発行してくれます。運用レポートとは、「金融商品の価値が運用によってどれくらい増えたのかを記載したもの」です。そのレポートを確認することにより、現在の資産価値が分かります。

 

オフショアで増えた資産を日本に戻すときも、仲介業者を通して行います。このとき、資産をどれくらい戻すかによって、かかってくる税金が異なります。また、納税額や手続きに関しても、業者がアドバイスをしてくれます。

 

優良な日本の仲介業者の見分け方
日本の仲介業者の良し悪しはさまざまです。中には運用レポートが無かったり、問い合わせに対する回答が遅かったりと、対応が悪い業者もあるのが現状です。

 

最悪の場合、契約だけして連絡が取れなくなる業者もいます。この場合、オフショアの金融機関との契約は完了していますが、サポートしてくれる業者がいない状態になります。そうなってしまうと、お客様はどのようにしてオフショアの金融機関とやり取りをすればよいのか分からなくなってしまいます。

 

そのような業者と契約をしないためには、優良な業者を見分ける方法を身に付けなければいけません。その方法の一つとして、「その業者が金融庁から投資助言代理業の認可を受けているかを確認する」というのがあります。

 

その認可を受けているということは、「金融庁から投資関連の仕事をすることを認められている」ということです。つまり、優良な業者であるといえます。

 

投資助言代理業の認可を受けている業者には、年に何回か金融庁の調査が入ります。その調査のときに何か問題があると、認可を取り消されてしまいます。つまり、その業者は「真っ当なビジネスしかできない」ということです。

 

そのような業者は、オフショアの金融商品のメリットもデメリットもきちんと説明してくれます。さらに、お客様の問い合わせに対しても、とても誠実な対応をしてくれます。

 

以上のように、オフショアで資産運用をするにあたり、優良な日本の仲介業者と契約することはとても大切です。後で後悔することのないように、しっかりと優良な業者を見定めて契約するようにしてください。

関連ページ

オフショアの基礎知識:オフショアでは税金がかからない
世界中にあるオフショア:香港、シンガポール、ドバイ、マン島など
オフショアが存在する理由は「地域を活性化するため」である
オフショアの資産運用には「5つのデメリット」がある
マン島:歴史が古く、信頼性が高いオフショア
香港:日本に一番近く、日本人に身近なオフショア
ドバイ:急激に発展した中東最大のオフショア
ケイマン諸島:「巨額損失隠し」に使われたオフショア
ヴァージン諸島:アメリカ領とイギリス領に分かれたオフショア
スイス:世界で一番敷居が高いオフショア
オフショアでは資産が増えても税金がかからない
オフショアの金融商品の手数料が安い理由
オフショアの金融商品は「複利の効果」を利用している
オフショアの金融機関は「世界経済の成長」に投資している
オフショアの資産運用には「ドルコスト平均法」が使われている
ドルコスト平均法で得られる利益と「平均取得単価」の関係性
オフショアの金融商品は「長期積立型」が主流である
長期積立型の金融商品には「初期口座」と「貯蓄口座」がある
長期積立型の金融商品は「4つの手数料」がかかる
長期積立型の金融商品には「3つのボーナス」が付いている
長期積立型の金融商品を解約したときの「返戻金」の概要
オフショアの資産運用は「IFA」によって成果が変わる

ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ