一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

マーク・ザッカーバーグが行った相続税対策

マーク・ザッカーバーグが行った相続税対策

あなたは、「マーク・ザッカーバーグ」という人物をご存じでしょうか? ザッカーバーグは、世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)である「Facebook」の創業者であり、CEO(最高経営責任者)です。

 

Facebookでは自分の写真をアップしたり、友達の投稿を見たりすることができます。さらに、知り合いにメッセージを送ることもできます。「離れていても友達の近況を知ることができる」というのが、Facebookがこれほどまでに広まった主な理由です。

 

Facebookはもともと、学生同士の交流を目的に作られました。それを一般人でも使えるように改良し、世界中に広まっていったのです。現在では世界で約13億人、日本でも約2,400万人が利用しているといわれています。

 

2012年、ザッカーバーグはFacebookをNASDAQに上場しました。その時価総額(株価×株数)はなんと約3,000億ドル(「1ドル=100」で約30兆円)です。CEOであるザッカーバーグは、そのうちの約450億ドルもの株を保有していました。つまり、彼は若くして超億万長者になったのです。

 

ところがある日突然、ザッカーバーグは「自分が保有しているFacebookの株の99%を慈善団体に寄付する」と発表したのです。その価値を当時の日本円に換算すると約5.5兆円にもなります。ザッカーバーグは小さな国の国家予算くらいの資産を寄付することにしたのです。

 

「それほどの資産を寄付するとはなんてすばらしい人だ」と思うかもしれませんが、実はその寄付の裏にはザッカーバーグの狙いがありました。

 

今回は、「ザッカーバーグが行った相続税対策」について紹介していきます。私たちが行うのは難しいかもしれませんが、このような方法もあるということを知っておきましょう。

 

ザッカーバーグが5.5兆円を寄付した理由
ザッカーバーグが5.5兆円もの資産を寄付した本当の狙いとはなんなのでしょうか?

 

それは、「相続税対策」です。ザッカーバーグは寄付の発表と同時に、娘が生まれたことも発表しています。もしザッカーバーグが不慮の事故などで亡くなった場合、その娘に相続税を払う義務が生じます。

 

5.5兆円もの資産を受け継ぐとなると、アメリカでは40%程度の相続税がかかります。その額は2兆円以上。しかも、相続税は現金で払わなければなりません。

 

5.5兆円もの株をすぐに現金化することはできません。仮にできたとしても、株価が大きく下がり、Facebookという企業の価値が崩壊してしまいます。つまり、実質的に現金化するのは不可能なのです。

 

そうなると、ザッカーバーグの娘は相続税を払うことができません。幼くして破産してしまうことになります。

 

ザッカーバーグは、万が一のときに娘が破産してしまうのを防ぐために、相続税対策を取ることにしました。それが、「慈善団体への寄付」なのです。これはアメリカではよくある相続税対策で、ビル・ゲイツをはじめとする多くの資産家が行っています。

 

具体的には、5.5兆円もの資産を保有している事前団体の役員として自分や娘を登録します。そうすると、役員報酬を受け取ることができます。仮に毎年2%の利子が付き、それを役員報酬として受け取れば、1,100億円の収入になります。

 

つまり、ザッカーバーグと娘は何もしなくても莫大な収入を半永久的に得ることができるようになったのです。

 

さらにこの対策を行えば、万が一のときでも多額の相続税を払う必要はありません。慈善団体に寄付をした時点で、ザッカーバーグの資産ではなくなってしまうからです。これほど大がかりな相続税対策は、日本ではできないかもしれません。

 

普通の資産家の対策とザッカーバーグの対策の違い
ザッカーバーグが行った相続税対策は、普通の資産家が行った相続税対策とは違うものでした。

 

通常は「財団」を設立します。財団であれば、NPOなどへの資金拠出が義務付けられる代わりに、さまざまな税金の支払いを免除されます。普通の資産家はこのようにして節税対策を行います。

 

しかし、ザッカーバーグが設立した慈善団体は「有限会社」です。これでは、財団のように税金の免除を受けられません(相続税対策にはなります)。その代わりに、政治活動など、どのようなことにも出資できるというメリットがあります。

 

財団を設立しなかった背景には、ザッカーバーグの寄付に対する想いがあるといわれています。ザッカーバーグは、「普通に寄付をするだけでは、本当に困った人にお金が届けられない」ということを経験しているそうです。

 

それならば自分で会社を設立し、なんの制限もなく貧困に苦しむ人にお金を渡そうと考えたのでしょう。この会社の設立を通じて、さまざまな慈善活動を展開していくかもしれません。

 

ザッカーバーグが行ったことに対しては、さまざまな見解があります。「ただの税金対策か」という意見もあれば、「新しい寄付の先駆けとなる」という意見もあります。ザッカーバーグの真意を測りきることはできませんが、娘のことを想ってこの対策を行ったことは間違いないでしょう。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ