一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

葬式にかかるお金、葬式でもらえるお金

葬式にかかるお金、葬式でもらえるお金

もしあなたの家族が亡くなったら、すぐに葬式をあげなければなりません。

 

末期がんなどである程度死ぬ時期が予測できれば別ですが、家族の死は突然やってくることが多いです。そして、悲しむ暇もなく、葬式の準備に追われることになります。

 

昔は自宅で葬式を行うこともありましたが、最近では葬儀式場で葬式を行うのが一般的です。葬儀式場ではプロが葬式の進行やサポートをしてくれるので、私たちにかかる負担は少なくてすみます。

 

葬式にはたくさんのお金がかかります。葬式を行う費用の他に、お坊さんに払うお布施や戒名料、参加者に振る舞う飲み物や食べ物の料金などがあります。人は生きているときにお金がかかりますが、死んでからもお金がかかるのです。

 

いつかはあなたも家族の葬式をしなければならないときがきます。そのときのために、今のうちから葬式にかかるお金について把握しておくことは大切です。

 

今回は、「葬式にかかるお金」や「葬式でもらえるお金」について解説していきます。

 

葬式にかかるお金
葬式にかかるお金には、主に以下の3つがあります。

 

1、 葬式費用:葬式を行うためにかかるお金です。一般的には通夜、告別式、火葬のすべてを合わせたものを「葬式」と呼びます。葬式の規模や地域によって費用は異なりますが、平均金額は約140万円です。

 

2、 飲食費用:葬式の参加者に振る舞う飲み物や食べ物にかかるお金です。こちらも参加人数などによって変わってきますが、平均金額は約40万円です。

 

料理のコース内容は、「松・竹・梅」のように大体3段階に分かれて提示されます。そして、ほとんどの人が「竹」を選びます。これは、「一番高いコースまでは必要ないが、一番安いコースでは故人に申し訳ない」と思う人が多いためです。葬儀屋はそのあたりのことも織り込み済みで考えています。

 

3、 寺院費用:お寺やお坊さんに払うお金です。主なものとしては、お布施(お経料、読経量)、戒名料があります。お布施も戒名料も宗派によって値段はまちまちですが、それらを合計した平均金額は約55万円です。

 

お布施(お経料、読経料)とは、「通夜や告別式などでお坊さんにお経をあげてもらうことに対する謝礼」のことです。今でこそそのような意味合いとして認識されていますが、もともとお布施は「見返りを求めない寄付金」としてお坊さんに渡すお金のことでした。

 

お坊さんは、お経料や読経料という言い方はあまり好みません。この言い方ではいかにも「お経を読んであげたお礼」という感じになってしまいます。そのため、お布施という言い方をする方が無難です。

 

戒名(法名、法号)とは、「亡くなった人に付けられる名前」です。戒名料とは、「戒名を付けてもらったことに対する謝礼」のことです。こちらも本来は見返りを求めないお金なので、「お坊さんに対する寄付金」という認識を持ってください。

 

戒名にはランクがあり、上位の戒名を付けてもらうほどお金がかかります。死後に名前を付けてもらうだけでお金がかかるのも謎ですが、ランクがあるというのも謎です。寄付金という意味合いがあるといわれても、どうにもビジネス的な意図があるように感じてしまいます。

 

以上を合計すると、葬式にかかるお金の平均金額は約235万円です。もちろん、葬式によって金額は違うので、そうなったときにしっかりと計算することが大切です。

 

葬式でもらえるお金
葬式ではお金がかかるばかりではありません。葬式の参列者から「香典」を頂くことができます。香典とは、「亡くなった人に備える金品(通常は現金)」のことです。香典には、突然の不幸を手助けする意味合いが含まれています。

 

どれくらい香典を頂けるかは、完全にばらばらなので平均値に意味はありません。参列者が少ない葬式もあれば、芸能人のように大勢の人が葬式に参列するケースもあります。

 

場合によっては、香典が大きな収入になることもあります。私の実家は田舎なので、葬式には大勢の人が参列します。私の祖父母の葬式のときは、頂いた香典で葬式の費用を賄えてしまいました。

 

葬式は亡くなった人のための最後の大切な儀式です。そうなったときに「いくらお金がかかるのか分からない」や「葬式のお金が足りない」のようなことになっては大変です。

 

そのため、葬式には「どのような費用があるのか」や「どれくらいお金がかかるのか」などをしっかりと認識し、事前に準備しておくことが大切です。


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ