一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

日本の借金が増え続ける理由と税金の関係

日本の借金が増え続ける理由と税金の関係

 

日本には1,000兆円以上の借金がありますが、その金額は増え続けています。政府もさまざまな対策を講じていますが、借金の増加に歯止めがかかっていないのが現状です。

 

借金が増える理由は、収入以上の支出があるからです。これは個人も企業も国も同じです。

 

国の収入は税金です。年によってばらつきはありますが、平均すると毎年約50兆円もの税収があります。しかし、支出(日本の国家予算)は約90兆円です。つまり、収入以上のお金を使っていることになります。

 

国を運営するためのお金が40兆円も足りていないのですが、そのお金はいったいどこから捻出しているのでしょうか?

 

国は国民から借金をしている

実は国は「国債」や「地方債」を発行することにより、多額の資金を手に入れています。国債や地方債とは、借用書のことです。銀行やゆうちょなどの金融機関は国や地方公共団体にお金を貸しているので、その証明書として国債や地方債を受け取ります。

 

つまり、私たち国民が預けているお金が間接的に国に借りられているのです。

 

借金は利息を付けて返さなくてはいけません。国は毎年40兆円も借金をしているので、その金額が増え続けるのは当然です。

 

消費者金融からお金を借りた人が、雪だるま式に借金が増え、破産してしまったという話を聞いたことがある人も多いと思います。日本はまさにこの状態なのです。

 

日本の借金が膨らんだ本当の理由

借金がここまで膨らんだ理由は、国家予算の無駄遣いにあるといわれていました。しかし、国家予算は削減されるどころか増える一方です。事業仕分けなどの政策が行われたにも関わらず、国家予算はまったく減っていないのです。

 

これは日本が、単に無駄遣いをしていたわけではなかったことを意味します。日本は1億を超える人口とさまざまな産業を抱える国です。高齢化に伴う医療費の増大など、これからもたくさんのお金がかかることは間違いありません。そうなると、90兆円前後の国家予算は必要になると考えられます。

 

それならば、借金が膨らんだ本当の理由は何なのでしょうか? 支出が多いということでなければ答えは一つです。

 

それは、収入が少なすぎたのです。つまり、税金が足りなかったといえます。国家予算が90兆円であるならば、本来は同額の税金を徴収しなければなりません。

 

もともと日本は税金が安い国でした。1989年までは消費税すらありませんでした。消費税が導入されてからも、数%の時代が長く続いています。ヨーロッパ諸国の20%〜25%という水準に比べると、まだまだ安いのが現状です。

 

消費税が1%上がると、税収が2兆円上がるといわれています。10%で20兆円、20%で40兆円の増税効果です。仮に消費税が25%であるならば、国家予算の大部分を賄えます。

 

所得税に関しても同じことがいえます。一見すると、他国に比べると日本の所得税は高いように見えます。累進課税制度により、所得が多い人は45%もの税率が適用されます。確かにそれくらいであれば、他国と比較して所得税は高いです。ただ、所得が多い人ほど節税対策を施します。

 

そのうえ、学生や高齢者など国民の60%もの人には、所得税の支払い義務がありません。つまり、あなたが思うほど所得税は大きな収入にはなっていないのです。

 

政府は税率を変えることができます。消費税や所得税の税額を上げるのは比較的簡単です。それならば、なぜ政府はそのようにしなかったのでしょうか?

 

政府は政権を維持するために税金を安くしていた

政府は常に国民の心理を考えています。政権を維持するためにも、国民のご機嫌取りは大切です。

 

そのため、安易に増税はできません。税金が上がると聞いたら、ほとんどの人が政府に嫌な印象を持つからです。国に税金を払う分だけ自分で使えるお金が減るのですから、これは当然の反応といえます。そのため、政府は出来るだけ税金を上げないようにしてきました。

 

しかし、その代償が1000兆円という莫大な借金として跳ね返ってきています。政府は長期政権を維持できたかもしれませんが、日本の財政は先進国で類を見ないほどのひどい状態になってしまいました。

 

このまま何も考えずに貯金をしているだけでは、日本の財政と共倒れしてしまいます。私たちはこの現実を知り、日本の借金が増え続ける理由を理解したうえで、将来に向けて取るべき対策を考えなければならないのです。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ