一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

ペイオフの基礎知識:1,000万円以上の預金も返ってくる

ペイオフの基礎知識:1,000万円以上の預金も返ってくる

ペイオフという制度がどのようなものか知っている人は多いと思います。「銀行が倒産しても、あなたが預けた預金のうち1,000万円までは保証される」という制度です。ペイオフの内容はそれだけではありませんが、基本的にはそのことさえ理解できていれば大丈夫です。

 

しかしながら、ペイオフについてさらに詳しく知っておいて損はありません。今回はペイオフについて詳しく解説していきます。

 

ペイオフの基礎知識
ペイオフは「銀行が倒産しても、あなたが預けた預金のうち1,000万円までは保証される」という制度です。この1,000万円は元金のことを指します。それに加えて、「元金に対する利子」も保証されます。

 

それでは、なぜ銀行が倒産しても、私たちにお金を払えるのでしょうか。それは、倒産した銀行がすべてのお金を払うわけではないからです。私たちに不足した分のお金を払うのは「預金保険機構」という機関です。

 

預金保険機構とは、銀行の保険会社のようなものです。すべての銀行が資金を出し合い、どこかの銀行が倒産したときに、私たちのような預金者を助けるためにその資金が使われます。「私たちの預金には保険が掛けられている」というイメージです。

 

ちなみに、銀行が倒産して、ペイオフが発動してもすぐに全額が支払われるわけではありません。初めは仮払金として、最高60万円しか支払われないのです。その仮払金も自動で支払われるわけではなく、自分で銀行に請求しなければなりません。

 

さらに、銀行が倒産すると、今まで使っていた口座に預金することもできません。公共料金の引き落としやカード決済の口座となっている場合は、それらを他の口座に移す必要があります。

 

こうして見ると、預金が保障されているとはいえ、ペイオフが発動するとかなり面倒です。やはり、倒産しにくい銀行を選ぶことが大切です。

 

ペイオフの歴史
2005年4月にペイオフが全面的に解禁になりました。ちなみに、それ以前は預金の全額が保障されていました。あまり知られていないのですが、実は私たちにとっては昔の制度ほうがよかったです。

 

2010年9月、日本で初めてペイオフが発動されました。日本振興銀行が経営破綻したのです。

 

日本振興銀行は「1,000万円までは保証される」というペイオフ制度を安心材料に使い、高金利で預金を集めていました。高金利なので、それだけ支払いも多くなります。経営がうまくいかなくなり、ついには倒産してしまったのです。

 

こうなると納得いかないのが、その他の銀行です。ペイオフという制度が成り立つのは、銀行同士で預金保険機構に資金を積み立てているからです。せっかく積み立てていたのに、日本振興銀行が倒産したことにより、数千億円が使われてしまったのです。

 

1,000万円以上の預金も返ってくる
勘違いされるケースが多いのですが、1,000万円を超えた預金は全て没収されるわけではありません。1,000万円以上の預金もある程度は返ってきます。

 

銀行の倒産とは、「私たちの預金が全て無くなった状態」というわけではありません。倒産した銀行によりますが、多くの場合は「私たちの預金全体の8割くらいを残した状態」で倒産します。

 

銀行は預金全体の2割が無くなっただけで、取り返しのつかない状態になります。つまり、銀行が倒産しても財産を処分すれば、私たちの預金全体の8割ほどは捻出できるということです。

 

例えば、あなたが1,500万円を預けていたとします。このような場合は、「1,000万円+500万円」のような見方をします。この1,000万円がペイオフの対象となる預金です。

 

仮にその銀行が倒産すると、預金の8割を残した状態になります。「1,000万円×0.8+500万円×0.8=800万円+400万円=1,200万円」を捻出できるということです。

 

ペイオフにより、一個人あたり1,000万円まで保証されるので、「1,000万円×0.8=800万円」に対してペイオフが適用になり、預金保険機構から200万円が支払われます。つまり、合計で「800万円+200万円+400万円=1,400万円」は返ってくることになります。

 

ペイオフの基礎知識:1,000万円以上の預金も返ってくる

 

もちろん、これは状況によって変わりますが、全体像としてこのようなイメージを持っていれば大丈夫です。

 

ペイオフは「1,000万円までしか支払われない」と思われがちですが、実際はそうではありません。それ以上の預金も返ってきます。どちらかというと「1,000万円までは確実に守られている」という「安心の制度」と理解してください。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ