一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

日本の銀行がリーマン・ショックで受けた損害

日本の銀行がリーマン・ショックで受けた損害

 

2008年にアメリカの大手投資銀行である「リーマン・ブラザーズ」が連邦裁判所に連邦倒産法を申請しました。つまり、事実上破産したことになります。世界的な大銀行の経営破綻をきっかけに、「リーマン・ショック」の影響は世界中に広まりました。

 

そして、その影響はすぐに日本にも及ぶことになります。日本経済は近年まれに見る大不況に見舞われてしまいました。

 

そのなかでも特に甚大な損害を受けたのが「銀行」です。日本経済の中心である銀行が機能しなくなってしまったのです。

 

今回は「リーマン・ショックによる日本の銀行への影響」について詳しく解説していきます。

 

リーマン・ショックは「恐慌」である

リーマン・ショックとは、アメリカの大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが経営破綻したことから始まった世界的な金融不安です。

 

アメリカの中核を担う大銀行が潰れてしまったため、アメリカだけでなく、世界中がかつてない大不況に陥ってしまいました。

 

リーマン・ショックは「不況」というより、「恐慌」に近いといわれています。恐慌とは、不況とは比べ物にならないほどの不景気のことです。リーマン・ショックの金融不安は、世界中に異常な速さで広がっていきました。

 

リーマン・ショックによる日本の銀行への影響

リーマン・ショックの影響はアメリカだけに留まりませんでした。日本を始め、世界中の経済にとてつもない悪影響を及ぼしたのです。

 

そして、日本の銀行もリーマン・ショックによって大きな損害を受けてしまいました。

 

銀行は不景気のときに金利を下げ、企業や個人に融資しようとします。そうすることで、世の中にお金の流れを生み出そうとするのです。「世の中のお金を回す」ことは、銀行の大切な役割といえます。

 

しかし、リーマン・ショックほどの金融危機が起こると、銀行は融資をしなくなります。景気が悪すぎるため、融資したお金が返済されなくなる可能性が高くなるからです。

 

リーマン・ショックが起こってから、銀行はお金の貸し出しを渋り、自己資本を増やすようになりました。自己資本とは「銀行がもともと持っているお金」のことです。自己資本を増やすことで、さらなる金融不安に対応できるようにしたのです。

 

日本全体がこのような状況に陥っていたため、企業は銀行からお金を借りることができなくなってしまいました。そして、徐々に経営が苦しくなり、倒産する企業が続出したのです。

 

このように、金融界の中心である銀行が機能しなくなると、経済にさまざまな悪影響が及んでしまうのです。

 

日本の銀行の損害はアメリカに比べて少なかった

上述のとおり、リーマン・ショックにより、日本の銀行は大きな損害を受けました。しかし、アメリカの銀行に比べれば、その損害はまだ少なかったのです。

 

世界に比べると、日本は「金融の自由化」が進んでいません。そのため、私たちが実践できる資産運用も制限されてしまうことがあります。世界中の人が実践している資産運用が、日本ではできない場合があるのです。

 

銀行に関しても、同じことがいえます。世界の銀行に比べて、日本の銀行は確実性の高い融資をする傾向にあります。日本人の気質と同様に、「保守的」な経営をしていたのです。

 

リーマン・ショックのときは、金融の自由化が進んでいなかったことが功を奏しました。リーマン・ブラザーズのように、「一つの投資案件に莫大な資金を投入し、派手に経営破綻した」というような銀行は日本にはありませんでした。

 

しかし、「リーマン・ショックの影響が少なかった」というのは、アメリカに比べての話です。日本の銀行が機能しなくなり、日本の経済が動かなくなったことに変わりはありません。

 

事の発端となったアメリカだけでなく、日本にまで甚大な損害をもたらしたリーマン・ショックは、歴史上稀に見る金融危機となったのです。


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ