一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

「給与」と「給料」の違い

「給与」と「給料」の違い

 

何気なく使っている「給与」と「給料」という言葉ですが、あなたはこれらの違いを理解しているでしょうか?

 

「いい方が違うだけで同じ意味でしょ?」と思われるかもしれませんが、実は給与と給料には明確な違いがあります。その違いを理解しておけば、就職や転職のときに会社を選ぶ基準として捉えることができます。

 

そこで今回は「給与と給料の違い」について解説していきます。普段の生活でよく使う言葉であるからこそ、その違いをしっかりと理解しておきましょう。

 

給与の定義と現物支給の概要

給与とは「会社から支給されるすべてのお金」のことです。基本給はもちろんのこと、残業代や日当、住宅手当、ボーナスなどが該当します。

 

このように定義されているため、私たちが毎月受け取っている明細は「給与明細」という名称になっているのです。

 

給与は必ず現金で支給されるわけではありません。場合によっては、現物で支給されることもあります。

 

よくあるのが、「家電メーカーが社員に自社の家電製品を支給する」というものです。このような方法を「現物支給」といいます。「食事の支給」や「自社商品の値引販売」なども現物支給の対象になります。

 

ただ、社員としては現物ではなく、現金を支給してほしいはずです。現金であれば自分で好きな物を買うことができるため、そのように思うのは当然です。

 

しかし、会社としては現物で支給したい場合もあります。特に業績が悪いときは、現物支給をすることで、自社製品を捌くことができます。また、新たにお金が発生することもありません。

 

ただ、現物支給できるものは法律で細かく決められています。「換金性しづらい物」や「会社が一方的に指定した物」などを支給することはできません。

 

給料の定義

給料とは「給与から残業代や日当、ボーナスなどの各種手当を引いたお金」のことです。つまり、基本給のことを給料といいます。

 

基本給とは、「正規の勤務時間に対する報酬」のことです。残業代や日当などは基本給には含まれません。

 

以上のようなことから、給料は「給与の一部」であることが分かります。

 

 

給与は変動するが、給料は変動しない

「給料=基本給」であるため、昇給がない限り、金額は変わりません。

 

それに対して、給与は変動します。残業代は残業時間によって変わりますし、ボーナスは会社の業績や本人の成果などによって変わります。不確定要素があるため、どうしても金額が変動してしまうのです。

 

このような背景があるため、転職や就職のときは「給料」に着目するようにしましょう。給料であれば毎月確実にもらうことができるからです。ある程度の金額に達していれば、生活に困ることはありません。

 

最初から給与をベースに考えてしまうと、生活が苦しくなる場合があります。極端な話ですが、手当やボーナスが出ないこともあり得るため、予想外に家計が苦しくなってしまうのです。

 

就職や転職の際はどれくらいの給料をもらえるか把握した上で、給与も合わせて検討していくようにしましょう。

 

以上のように、給与と給料には明確な違いがあります。ただ、実際には両方とも同じ意味で使われることもあります。

 

そのため、本来であれば「給与」という言葉を使うべきところを、あえて「給料」という言葉を使っている場合があります。そのあたりは臨機応変に読み取るようにしてください。


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ