一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

「給与」と「給料」の違い

「給与」と「給料」の違い

普段、何気なく使っている「給与」と「給料」という言葉ですが、あなたはこの言葉の違いを理解しているでしょうか?

 

「言い方が違うだけで同じ意味でしょ?」と思われるかもしれませんが、実は給与と給料には明確な違いがあります。ほとんどの人がその違いを理解せず、同じ意味としてこれらの言葉を使っています。

 

今回は、「給与と給料の違い」について解説していきます。

 

給与とは会社から受け取るすべてのお金のことである
給与とは「会社から受け取るすべてのお金」のことを意味します。基本給はもちろんのこと、残業代、日当、住宅手当、ボーナスなど、それらすべてが給与になります。

 

そのため私たちが毎月受け取っている明細は、「給与明細」になります。

 

ちなみに、給与は必ずお金で受け取るというわけではありません。場合によっては、現物で支給されることもあります。

 

よくあるのが、家電メーカーが社員に自社の家電を支給するというものです。これが、現物支給になります。

 

社員にとっては、現物よりもお金で受け取るほうがよいに決まっています。お金で受け取れば、自分の好きな物を買うことができるからです。

 

しかし、会社としては、現物支給にしたい場合もあります。特に、業績が思わしくないときなどは、現物支給をすることにより、自社製品を捌くことができますし、新たにお金もかかりません。

 

ただ、現物支給できるものは、法律で細かく決められています。どのようなものでも現物支給できるというわけではありません。「換金性に欠けるもの」や「受給者側に物品などの選択の余地がないもの」などを現物支給することはできません。

 

また、食事の支給や自社商品の値引販売なども現物支給の給与になります。

 

給料とは基本給のことである
給与が「会社から受け取るすべてのお金」であるなら、給料とはどのようなものなのでしょうか?

 

給料とは、「給与から残業代や日当、ボーナスなどの各種手当を引いたお金」のことです。つまり、基本給のことを給料と言います。

 

基本給とは、正規の勤務時間に対する報酬のことです。残業代や手当などは、基本給には含まれません。

 

以上のようなことから、給料は給与の一部であることが分かります。

 

「給与」と「給料」の違い

 

よく、「給料が少なくてさ」と言っている人がいますが、「給与が少なくてさ」というのが正しい言い方になります。

 

しかし、実際には、給与と給料が同じ意味で使われることもあります。私たちにとっては、給料という言葉のほうが馴染みがあるからです。

 

そのため、本来であれば「給与」という言葉を使うべきところを、あえて「給料」という言葉を使っている場合があります。そのあたりは臨機応変に読み取りましょう。

 

「この違いを知ったところで、何か役に立つのか?」と言われるとなんとも言えませんが、知っておいて損はありません。「給与と給料の違い」のように、ちょっとしたことに意識を向けることが、金融知識を深める第一歩となるのです。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ