一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

住宅にかかるお金

住宅には、非常に多くのお金がかかります。マイホームを購入すれば数千万円のローンを組むことになりますし、賃貸に住むにしても毎月数万円から十数万円のお金を払うことになります。

 

「住宅にかかるお金(住宅費)」は、人生最大の出費になります。
※子どもが多い家庭や教育にお金をかけている家庭では、教育費が最大の出費になることもあります

 

人生最大の出費であるからこそ、どれくらいお金がかかるのかをきちんと把握しておくことは大切です。そこで今回は、「住宅にかかるお金(住宅費)」について解説していきます。

 

マイホームは負債になる
住宅には、マイホーム(持ち家)と賃貸の二つパターンがあります。マイホームを建てる場合は、多額のローンを組むことになるので、「大きな買い物をした」と実感することになるでしょう。

 

マイホームの平均購入金額は、新築物件で約3,000万円、中古物件で約2,000万円です。

 

マイホームにかかる費用は、家を建てる場所、土地や家の広さ、家の設備、築年数(中古物件の場合)などにより全然違います。そのため、個人差が非常に大きいのが特徴です。平均値にあまり意味はありませんが、一つの目安として捉えておいてください。

 

マイホームに対して、「資産」というイメージを持っている人もいると思いますが、それは間違いです。資産とは、「お金を生み出すもの」のことです。多くの人が、投資に興味を持つきっかけとなる本である「金持ち父さん 貧乏父さん」にもそのように書かれています。

 

マイホームは、購入後も修理費用や固定資産税などのお金がかかります。数十年も住むと、購入時とは比較にならないほど住宅の価値が下がります。数千万円で購入した住宅が、売却時には数十万円〜数百万円にしかならなかったというケースはよくあります。

 

つまり、マイホームは「負債」になるのです。

 

それに対して、投資用の不動産は資産になります。マイホームと違って、家賃収入を得ることができるからです。

 

ちなみに、私は大阪と神戸に不動産を保有しています。入居者から、毎月家賃収入を頂いているのです。お金を生み出してくれる「資産」が欲しい人は、投資用の不動産の購入を検討してみてもよいでしょう。

 

賃貸住宅を選ぶ人が増えている
昔は「マイホームを持つのが夢だ」という人が多かったのですが、現在では、賃貸住宅を選択する人が増えています。マイホームに対する憧れが昔よりも薄れたり、マイホームを持つことのリスクを懸念したりする傾向が強まっているからです。

 

賃貸住宅の家賃の相場は、場所や築年数、広さなどによってまちまちです。そのため、平均金額に意味はありません。家族構成や住む場所に合った賃貸住宅を選択することが大切です。賃貸住宅はマンションが多いですが、一軒家もあります。

 

賃貸住宅のメリットは、引っ越しができることです。マイホームと違って、同じ家に一生住み続けなければならないということはありません。転勤や家族が増えたときなど、人生のターニングポイントで引っ越しをすればよいのです。

 

マイホームと賃貸住宅でどちらが良いかは、一概には言えません。他の記事でも解説していますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。住む場所や家庭の収入、人生プランなどによって、どちらを選ぶのかが変わってきます。

 

「小さい頃からの夢であるマイホームを持ちたい」や「この場所に一生住み続けたい」と考えるのであれば、マイホームを購入すればよいでしょう。

 

「転勤が多い仕事だから、いつでも引っ越しできるようにしておきたい」や「長期的な負債(ローン)を抱えたくない」と考えるのであれば、賃貸住宅を選択するべきです。

 

迷うようならとりあえずは賃貸住宅に住むことをおすすめします。人生プランがしっかりと固まり、家族にとってベストな物件が見つかれば、マイホームを購入すればよいのです。


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ