一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

出産にかかるお金:妊婦検診、出産準備用品、分娩、マタニティ用品

出産にかかるお金:妊婦検診、出産準備用品、分娩、マタニティ用品

 

子どもが生まれることは、夫婦にとって非常に喜ばしいことです。人生において、これ以上ない喜びを感じる瞬間になります。

 

家族が増えるのは幸せなことですが、どうしても不安になってしまうこともあります。

 

その一つに、「母子の健康」が挙げられます。出産を終え、母子共に無事であると確認できるまではどうしても安心できません。

 

もう一つは、「出産にかかるお金」です。出産にはどれくらいのお金がかかるのかを知らなければ、不安は増していく一方です。ただ、出産に必要となる金額を把握しておけば、前もって準備しておくことができます。

 

そこで今回は「出産にかかるお金」について解説していきます。あらかじめ概要を把握することで、安心して出産に向き合うことができるはずです。

 

出産にかかるお金には4種類ある

出産には大きく分けて以下の「4種類のお金」がかかります。

 

1、妊婦健診費用……妊婦健診の費用です。妊婦健診を行うことにより、正常妊娠になっているか(子宮外妊娠などになっていないか)、胎児の状態はどうか、合併症や感染症などはないかなどをチェックします。

 

妊婦健診費用は一回に5,000〜15,000円程度かかります。健診回数は妊娠した年齢や初産かどうかなどによって変わってきますが、厚生労働省は14回を基準の回数として考えています。そのため、合計で10〜15万円くらいの健診費用がかかることになります。

 

「妊婦健診ってけっこうお金がかかるな」と思われたかもしれませんが、心配はいりません。実は14回分の検診費用は全額公費負担になっているのです。つまり、国(及び自治体)が検診費用を払ってくれるのです。

 

厳密にいうと自治体によって規定が違うので、あなたが住んでいる自治体に「公費負担になる回数」を確認する必要があります。原則として、14回を超えた分の健診費用は自分で負担しなければなりません。

 

2、 出産準備用品の費用……赤ちゃんの衣類やオムツなどのケア用品、ベビーカー、チャイルドシートなど、赤ちゃんのための費用です。出産準備用品の費用の合計は、10万円程度です。

 

3、 分娩費用……出産時にかかる費用です。分娩費用は30〜70万円ほどかかります。これほどまでに幅があるのは、病院によって分娩費用が違うからです。

 

出産で有名な病院や全室個室の病院、エステ付きの病院など、病院の種類は多種多様に富んでいます。できるだけ安心して出産してもらうために、病院も色々と考えているのです。

 

分娩費用が出産における最大の費用になりますが、こちらに関してもあまり心配する必要はありません。なぜなら、国から「出産育児一時金」をもらうことができるからです。

 

出産育児一時金とは、出産時に国から支払われるお金のことです。一人出産するごとに、原則として42万円をもらうことができます。

 

出産育児一時金は、病院が受け取るようにする方法が一般的です。病院が国から42万円を受け取るので、私たちは退院時に42万円を超えた分の費用を病院に払うだけでよいのです。

 

4、 マタニティ用品の費用……マタニティ用品とは、「妊婦が産前産後に使う製品や道具」のことです。妊婦用の衣類や産後の骨盤矯正ベルトなどがあります。その費用は5万円くらいになります。

 

出産にかかる費用をすべて合計すると、50〜100万円くらいと覚えておいてください。ただ、健診費用が無料になることと、出産育児一時金が支給されることを考えると、実質的な負担は20〜50万円程度です。

 

さらに出産する本人が会社勤めで、健康保険に加入している場合、「出産手当金」を受け取ることができます。

 

出産手当金とは、産休中(産前42日かつ産後56日)に健康保険から支給されるお金のことです。通常の給料の3分の2に相当する金額を受け取ることができます。

 

以上のように、出産にはさまざまなお金がかかります。しかし、検診費用や出産育児一時金など、もらえるお金も充実しています。それらをしっかりと把握し、実質的にいくらかかるのかを計算しておくことで、出産に対するお金の不安を取り去ることができるはずです。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ