一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

賃貸住宅のメリット・デメリット

賃貸住宅のメリット・デメリット

住宅には、賃貸住宅とマイホームの2種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらが良いというのは一概には言えません。ただ、どのようなメリット・デメリットがあるのか知ることにより、自分の人生プランを決めやすくなります。

 

そこで今回は、「賃貸住宅のメリット・デメリット」について紹介していきます。

 

ちなみに、賃貸住宅には、マンション、アパート、一軒家などがあります。特にマンションは、東京や大阪などの大都市を中心に増え続けています

 

賃貸住宅のメリット
賃貸住宅には、大きく分けて以下の4つのメリットがあります。

 

1、 引っ越しができる……賃貸住宅の大きなメリットとして、「引っ越しができる」というのがあります。転勤や結婚など、人生のターニングポイントで引っ越しをすることが多いです。

 

また、実際に住んでみたら、街の治安が悪かったり、住居の使い勝手が悪かったりすることがあります。「思っていたのと違うな」と感じるのであれば、引っ越しをすればよいのです。敷金や礼金がかかってしまいますが、住宅環境は大切です。

 

それに対して、マイホームに住む人は、基本的に引っ越しはしません。その場所に一生涯住むことを決めて、マイホームを購入する人がほとんどだからです。もし、引っ越しをしたければ、せっかく購入したマイホームを売却しなければなりません。

 

2、 固定資産税がかからない……賃貸住宅では、固定資産税を払う必要がありません。固定資産税は、賃貸住宅のオーナー(家主)が払うことになっています。

 

私は、大阪と神戸に不動産を保有しています。オーナー(家主)になるで、固定資産税を払っています。

 

3、 管理費が定額である……管理費が定額なので、毎月の出費が一定になります。これはメリットと言ってよいのか微妙なところですが、マイホームと比較するとメリットになる要素が大きいです。

 

マイホームに管理費はありませんが、その分修繕費がかかります。「家の壊れた部分を修理するための費用」なので、その都度、お金がかかります。築年数が経過してくると、色々な箇所を修理しなければならず、多くのお金がかかってしまいます。

 

4、 マイホームよりもお金がかからない……さまざまなケースがあるので一概には言えないのですが、マイホームよりも賃貸住宅のほうがトータルではお金がかからないと言われています。どちらに住むにしても、どれくらいお金がかかるのかをきちんと試算しておきましょう。

 

賃貸住宅のデメリット
続いてはデメリットです。賃貸住宅には、大きく分けて以下の2つのデメリットがあります。

 

1、 家族が増えたときに対応しにくい……賃貸住宅に住む人は、現在の生活を基準にして住居を選びます。広くなるほど多くの家賃を払わなければならないので、必要最低限の広さを選ぶ人がほとんどです。

 

そのため、子どもが生まれたときなど、家族が増えたときに対応しにくいというデメリットがあります。

 

それに対して、マイホームであれば一生涯住むことを前提に購入するので、将来を見越して広く作っておくことが多いです。部屋の数も多いので、子どもが生まれたり、高齢になった両親と一緒に住むことになっても対応できます。

 

2、 改築、増築ができない……賃貸住宅では、基本的に改築、増築ができません。当たり前なのですが、自分の家ではないからです。借りたときのままの状態にしておかなければなりません。壁に画びょうを刺すことすらしてはいけません。

 

以上のように賃貸住宅にはさまざまなメリット・デメリットがあります。このようにして見ると、賃貸住宅は意外とデメリットが少ないことが分かります。その時々の生活スタイルに、より柔軟に対応できるのは、賃貸住宅になります。

 

賃貸住宅かマイホームかで迷うようなら、とりあえずは賃貸住宅に住むべきです。人生プランが固まり、「この場所に一生住みたい」と思える場所や物件が見つかれば、マイホームの購入を検討してもよいでしょう。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ