一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

日本の借金は1,000兆円以上である

日本の借金は1,000兆円以上である

 

あなたは日本がいくらの借金を抱えているかご存じでしょうか? あまり意識したことがないかもしれませんが、個人や会社だけでなく国にも借金はあります。

 

私が友人や知人に聞くと、日本の借金についてよく分かってない人がほとんどです。「1,000億円くらいかな」と言われることもありますが、そもそも桁が違います。実は、日本は1,000兆円以上の借金を抱えているのです

 

いかに国家の借金とはいえ、1,000兆円を超えているのは異常です。私たちは日本国民として、その現状をしっかりと把握しておく必要があります。

 

そこで今回は、「日本の借金の現状」や「国の借金対策と国民の資産の関係」について解説していきます。あなたの生活にも大きく関わってくることなので、しっかりと内容を理解してください。

 

国は国民から借金をしている

1,000兆円といわれても、どれくらいの金額であるかピンとこない人が多いと思います。途方もない金額であることを表すため、今回は札束の長さを例に考えていきます。

 

1万円札を100枚重ねて100万円の札束を作ると、約1pの厚さになります。この札束を1,000兆円分重ねると、なんと10,000kmにもなります。10,000kmというと赤道から北極(もしくは南極)までの距離です。

 

仮に1,000兆円を一円玉にして積み重ねると、大気圏を超え、月も超え、太陽さえも遥かに超える距離になってしまいます。逆にイメージしづらいかもしれませんが、とにかく日本はそれくらい途方もない金額の借金を抱えているのです。

 

日本中の資産(政府、金融機関、企業、個人の資産などの総計)を合計すると、約1,700兆円になるといわれています。つまり、借金の割合は資産の6割程度ということです。この割合は他の国と比べてもものすごく高いです。

 

ちなみに借金が1,700兆円に達すると国家破産となり、私たちの預金や貯金は政府に全額没収されてしまいます。あまり知られていませんが、日本は1946年に国家破産しており、預金封鎖されたことがあるのです。

 

「それならばタンス預金だ」という声が聞こえてきそうですが、日本が国家破産すると日本円そのものに価値が無くなりますつまり、一万円札が紙切れ同然の扱いになってしまうのです。

 

ただ、日本はギリシャやロシアなどと違って、国家破産することは考えにくいです。なぜなら「国がお金を借りている先」が違うからです。

 

2009年から金融危機に陥っているギリシャはEU(ヨーロッパの他の国々)から借金しています。一方、日本は国民から借金をしています。

 

このような事実を知ると、「国にお金を貸した覚えはない」というかもしれません。しかし実際は、銀行やゆうちょ、保険会社などが私たちから預かったお金を勝手に国に貸しています。つまり、あなたは「間接的に国にお金を貸している」ということになります。

 

国民から借金をしているので、国は簡単に対策を行うことができます。ただ、その対策を行った分だけ国民にしわ寄せがきてしまいます。

 

国が借金対策を行うと、国民の資産が減る

国が行う借金対策として、「お金の流通量(マネタリーベース)を増やす」というのがあります。

 

仮に国がお金をたくさん発行し、日本の資産が3,000兆円になったとします。そうなれば、借金の割合は資産の3割程度まで低下します。つまり、財政の限界値が遠のいたということです。

 

しかし、国がその対策を行うと、私たち国民が損をすることになります。

 

例えば、国がたくさんのお金を発行し、お金の流通量が2倍になったとします。お金の流通量が2倍になっても、世の中に存在する物の数は変わりません。ただ、お金の流通量が増えた分だけ、物の値段は連動して上昇します。1,000万円の貯金であっても、物価が2倍になると500万円分の価値しかなくなってしまうのです。

 

このように、国がお金の流通量を増やせば増やすほど、貯金の価値が勝手に減少していきますつまり、国が借金の対策を行うほど、私たちの資産が減っていくのです。そうなるとただ単にお金を貯めていても、今後は資産が目減りするばかりです。

 

また、日本は高齢者がたくさんのお金を持っているので、物価を上昇させることにより、実質的に使わなければならないお金を増やすことも政府の狙いです。

 

預金や貯金をすることはとても大切ですが、それだけでは将来の対策として不十分です。私たちの資産を守るためには、資産運用などの対策を行うことが重要になってくるのです。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ