役に立つ「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

公的保険(社会保険)と民間保険の違い

公的保険(社会保険)と民間保険の違い

保険制度には、公的保険(社会保健)と民間保険があります。

 

公的保険とは「法律によって加入が義務付けられている保険」のことです。「国がかけてくれている保険」と言い換えることもできます。例えば、健康保険(国民健康保険)や公的年金、雇用保険などが公的保険に該当します。

 

一方、民間保険とは「個人が任意で加入する保険」のことです。民間の生命保険会社や損害保険会社が取り扱っています。

 

公的保険と民間保険の違いは以下のとおりです。

 

 

各々の保険について詳しく知りたい場合は、以下の記事をご参考ください。保険の必要性を種類別に解説しています。

 


『お金のガイドブック』: 無料メルマガ

 

 

関連ページ

保険の種類:保険は10種類に分類される
保険料の支払方法:月払い、半年払い、年払い、全期前納払い、一時払い
保険に加入する前に「生活に必要なお金」を計算してみる
保険の掛け方:「掛け捨て型」と「積み立て型(貯蓄型)」の違い
積み立て型の保険の「金利」は変わらない
保険会社の信用度は格付けによって決まる
保険会社の選び方:ソルベンシーマージン比率を見る
保険会社は「金融機関」である
生命保険の仕組み:生命保険の必要性は人によって異なる
生命保険に加入する前に、「障害年金」の仕組みを理解する
生命保険に加入する前に、「遺族年金」の仕組みを理解する
生命保険の必要性を考える:50歳までに死ぬ確率は3%である
不動産を保有することが生命保険の代わりになる
医療保険の基礎知識:医療保険は多くの人に必要になる
医療保険に加入する前に、「健康保険の仕組み」を理解する
がん保険の必要性:がんになっても安心して治療と生活ができる
学資保険に加入する前に「子どもの教育にかかるお金」を把握する
個人年金保険の基礎知識:個人年金保険は3種類に分けられる
個人年金保険に加入する前に、老後に必要なお金を計算してみる
個人年金保険の選び方:まずは個人年金保険の種類を選択する
個人年金保険のメリット、デメリット
知っておくべき特殊な個人年金保険
個人年金保険の加入率は20〜25%程度である
個人年金保険料控除により、税金の還付を受けることができる
個人年期保険以外の将来の資産形成法
公的介護保険の基礎知識:40歳以上が公的介護保険の対象になる
公的介護保険の要介護認定は7段階に分けられる
公的介護保険のサービスを受けるまでの流れ
介護休業給付金の基礎知識と利用方法
民間の介護保険の必要性
介護保険を活用する前に、「介護にかかるお金」を把握する
火災保険と地震保険の基礎知識