一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

保険の掛け方:「掛け捨て型」と「積み立て型(貯蓄型)」の違い

保険の掛け方:「掛け捨て型」と「積み立て型(貯蓄型)」の違い

 

保険の掛け方は「掛け捨て型」と「積み立て型(貯蓄型)」の2種類に大別されます。

 

一見すると、保険機能が付いていて積み立てもできる「積み立て型(貯蓄型)」の方が良いように思えます。しかし、その考えが正しいとは限りません。各々の掛け方にメリット・デメリットがあるため、それらを把握した上で保険を選ぶことが大切なのです。

 

そこで今回は「掛け捨て型と積み立て型(貯蓄型)のメリット・デメリット」について解説していきます。それぞれの特徴をきちんと把握し、自分にとってベストな保険に加入するようにしましょう。

 

 

「掛け捨て型」のメリット、デメリット

掛け捨て型はその名の通り、保険料(掛け金)を掛け捨てます。保険料を積み立てるわけではないので、保険金が支払われるのは保険が適用されるときだけです。

 

例えば、生命保険であれば加入者が死亡したときや重度障害になったときに、受取人に保険金が支払われます。それ以外のケースで、加入者や受取人に保険金が支払われることはありません。

 

掛け捨て型のメリットは保険料が安いことです。満期に向けてお金を貯めるわけではないので、必要最低限の掛け金だけを支払います。

 

一方、掛け捨て型のデメリットは保険金を受け取れないケースがあることです。

 

例えば、掛け捨て型の医療保険であれば、保険金が支払われるのは入院や手術のときだけです。掛け捨て型に満期はないので、保険が適用されることがなければ保険金を受け取ることはできません。

 

保険金を受け取れなかった場合、「損をした」と思うかもしれませんが、その考え方は間違っています。保険はあくまで保険です。保険の本来の目的を考えると、「保険金を受け取れなかった=何事もなかった」ということになります。

 

不必要に高額な保険に加入していなければ、保険金を受け取れなかったことが一番良い結果といえるのです。

 

 

「積み立て型(貯蓄型)」のメリット、デメリット

積み立て型(貯蓄型)は、保険料を積み立てます。そして、保険が適用されたときや満期を迎えたときに保険金が支払われます。「保険に加入しつつ、貯蓄をしている」というイメージを持ってください。

 

例えば、医療保険であれば加入者が入院や手術をしたときだけでなく、満期を迎えたときにも保険金が支払われます。

 

※ 入院や手術をしたときに支払われる保険金は金額が決まっていますが、満期に支払われる保険金は変動することがあります

 

積み立て型のメリットは必ず保険金を受け取れることです。保険会社が積立金を運用しているため、運用成績が良ければ満期に戻ってくる保険金も多くなるのです。

 

一方、積み立て型のデメリットは保険料が高いことです。積み立て型は保険機能に加えて貯蓄機能も備わっています。そのため、必然的に保険料が高くなるのです。

 

満期の受取金額が積立金額より少なくなることは考えにくいですが、お金を長期間拘束されることになります。

 

資産を増やす方法は、積み立て型の保険だけではありません。株や投資信託、不動産など、さまざまな金融商品があります。保険機能が付いているとはいえ、あえて利率の低い積み立て型の保険で資産形成をする必要はありません。

 

 

 

保険の掛け方は「掛け捨て型」を選んだ方がよい

ここまでのお話で、掛け捨て型と積み立て型(貯蓄型)のメリット・デメリットが理解できたと思います。それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、どちらの掛け方を選べばよいか考えてみましょう。

 

ただ、私としては「掛け捨て型」をおすすめします。なぜなら、前述のとおり、積み立て型の利率はとても低いからです。

 

例えば、生命保険機能が付いた個人年金保険であれば、25〜30年の利回りが10〜20%程度です。例えば、1,000万円を積み立てた場合、25〜30年後に1,100〜1,200万円になるということです。預貯金よりは利率が良いですが、優良な投資信託などに比べると、驚くほど低い利率になっています。

 

あなたの大切なお金を積み立て型の保険で塩漬けにする必要はありません。掛け捨て型の保険に加入し、必要最低限の保険料を設定しましょう。そして、余剰金を使って、他の資産運用を実践してください。

 

 

保険の営業マンは積み立て型(貯蓄型)を勧めてくる

最後に掛け捨て型と積み立て型の違いを、保険の営業マンの視点から見ていきます。

 

保険の営業マンは基本的に積み立て型の保険を勧めてきます。なぜなら、積み立て型の方が、保険料が高いからです。そして、顧客に高額な保険に加入にしてもらった方が、営業マンの成果は大きくなるのです。

 

例えば、以下のケースでは基本的には同じ成果になります。
・月々1万円の保険を3件契約した
・月々3万円の保険を1件契約した

 

つまり、高額な保険に加入してもらったほうが、簡単に成果が上がるというわけです。

 

そして、保険の営業は成果報酬であることが多いため、成果が上がるほど報酬も上がります。成果が直接的に報酬に反映するからこそ、営業マンは高額な保険を提案してくるのです。

 

このような裏事情を考えると、積み立て型の保険ばかり勧めてくる営業マンは信用できません。その営業マンのいうことを真に受けてしまうと、無駄に高額な保険に加入してしまう危険性があります。

 

保険の営業マンから話を聞くときは、「高額な保険であるほど、この営業マンの収入が増える」ということを念頭においておきましょう。

 

 

まとめ

・掛け捨て型のメリットは保険料(掛け金)が安いことである。掛け捨て型のデメリットは保険金を受け取れないケースがあることである。

 

・積み立て型(貯蓄型)のメリットは必ず保険金を受け取れることである。積み立て型(貯蓄型)のデメリットは保険料(掛け金)が高いことである。

 

・保険は掛け捨て型を選択し、他の資産運用で資産形成を行うべきである

 

・保険の営業マンは報酬を上げたいので、積み立て型(貯蓄型)の保険を勧めてくる

『お金のガイドブック』: 無料メルマガ

 

 

関連ページ

保険の種類:保険は10種類に分類される
保険料の支払方法:月払い、半年払い、年払い、全期前納払い、一時払い
保険に加入する前に「生活に必要なお金」を計算してみる
積み立て型の保険の「金利」は変わらない
保険会社の信用度は格付けによって決まる
保険会社の選び方:ソルベンシーマージン比率を見る
保険会社は「金融機関」である
生命保険の仕組み:生命保険の必要性は人によって異なる
生命保険に加入する前に、「障害年金」の仕組みを理解する
生命保険に加入する前に、「遺族年金」の仕組みを理解する
生命保険の必要性を考える:50歳までに死ぬ確率は3%である
不動産を保有することが生命保険の代わりになる
医療保険の基礎知識:医療保険は多くの人に必要になる
医療保険に加入する前に、「健康保険の仕組み」を理解する
がん保険の必要性:がんになっても安心して治療と生活ができる
学資保険に加入する前に「子どもの教育にかかるお金」を把握する
個人年金保険の基礎知識:個人年金保険は3種類に分けられる
個人年金保険に加入する前に、老後に必要なお金を計算してみる
個人年金保険の選び方:まずは個人年金保険の種類を選択する
個人年金保険のメリット、デメリット
知っておくべき特殊な個人年金保険
個人年金保険の加入率は20〜25%程度である
個人年金保険料控除により、税金の還付を受けることができる
個人年期保険以外の将来の資産形成法
公的介護保険の基礎知識:40歳以上が公的介護保険の対象になる
公的介護保険の要介護認定は7段階に分けられる
公的介護保険のサービスを受けるまでの流れ
介護休業給付金の基礎知識と利用方法
民間の介護保険の必要性
介護保険を活用する前に、「介護にかかるお金」を把握する
火災保険と地震保険の基礎知識
公的保険(社会保険)と民間保険の違い

ホーム メルマガ登録 運営者情報 サービスメニュー メディア掲載 お客様の声 お問い合わせ