一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

銀行が消費者金融事業を始めた理由

銀行が消費者金融事業を始めた理由

長い人生では、急にお金が必要になることがあります。そのような場合は、借金をしなければなりません。

 

借金をするときの選択肢の一つとして、消費者金融があります。消費者金融とは、「お金を貸すだけの金融機関」のことです。テレビのCMなどで「たった30分の審査で、300万円まで融資できます!」のような宣伝をしています。

 

簡単な審査ですぐにお金を借りることができますが、金利が高いので、返済するときにより多くのお金が必要になります。

 

借金をするときの選択肢の二つ目として、銀行があります。審査が厳しく、どのようなことにでもお金を貸してくれるというわけではありませんが、その分、金利が安くなります。

 

消費者金融と銀行は、本来は別の事業です。消費者金融は貸金業法に準じて事業を行いますし、銀行は銀行法に準じて事業を行います。以前は、消費者金融業界と銀行業界では明確なすみ分けがありました。

 

ところが、銀行が消費者金融事業を行うようになったのです。なぜ、銀行は消費者金融業界に乗り出したのでしょうか?

 

今回は、「銀行が消費者金融事業を始めた理由」について解説していきます。

 

銀行が消費者金融事業を始めた理由
銀行が消費者金融事業を始めた理由は簡単です。それは「儲かるから」です。

 

2010年に貸金業法が改正になるまでは、銀行は2%程度の金利で消費者金融にお金を貸していました。消費者金融はそのお金を、最大で29%程度の金利で利用者に貸していました。消費者金融はお金の貸し借りをするだけで、ぼろ儲けをしていたのです。

 

銀行はそこに目を付け、消費者金融事業を始めました。「消費者金融の高い金利でも、お金を借りる人は大勢いる。それならば、自分達がその事業を行おう」と考えたのです。

 

銀行は、消費者金融のように簡単な審査ですぐにお金を貸すようになりました。住宅ローンのように、明確な用途が無くてもお金を貸すようになったのです。

 

もともと銀行は、そのようなことをしなくても事業が安定していたのですが、長年の不況により、銀行からお金を借りる人が少なくなってしまったのです。

 

銀行の事業参入は消費者金融にとってもありがたい
銀行が消費者金融事業に乗り出すことで、消費者金融は「自分たちの業界が荒らされる」と思うのかというと、そうではありません。

 

むしろ、銀行が消費者金融事業に参入してくれたことは、消費者金融にとってもありがたいことなのです。

 

2010年の貸金業法改正以降、消費者金融は厳しい経営状態が続いていました。改正前のように、20%以上の高い金利で利用者にお金を貸すことが出来なくなってしまったからです。さらに、銀行同様、長年の不況により利用者がどんどん減っている状況でした。

 

そこに銀行が参入してきたことにより、消費者金融は銀行と手を組むことになりました。

 

消費者金融は、銀行と手を組むことにより、銀行の「信用性」や「資金力」を利用することができるようになったのです。消費者金融にとっては、将来が見えない状況でしたが、銀行に助けられた展開です。

 

銀行としても、高い金利でも大勢の利用者がいる消費者金融のノウハウを吸収することができました。

 

まさに、お互いの利害が一致した形です。

 

このような流れで、多くの消費者金融が銀行の傘下となりました。

 

例えば、アコムは三菱UFJファイナンシャル・グループになり、プロミスは三井住友銀行グループになりました。

 

銀行という信頼できる機関が後ろに付いているなら、安心してお金を借りることができます。基本的に借金はしないほうがよいですが、どうしてもお金が必要になったときには、銀行の傘下の消費者金融からお金を借りることを検討してみてもよいかもしれません。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ