一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

銀行の役割は「仲介役」と「育て役」である

銀行の役割は「仲介役」と「育て役」である

私たちにとって、銀行はなくてはならない存在です。

 

私たちの給料は銀行口座に振り込まれますし、公共料金やクレジットカードの支払いも銀行口座から引き落とされます。住宅ローンや教育ローンなどを組むときも銀行と契約します。

 

銀行は、私たちの生活とは切っても切れない関係にあるのです。

 

そんな銀行の世の中における役割をより深く理解することで、銀行に対する見方が変わってきます。

 

今回は、「世の中における銀行の役割」について解説していきます。

 

銀行は利用者から預かったお金を運用している
銀行というと、建物の中に金庫があり、利用者から預かったお金を保管しているイメージがあるかと思います。もちろん、金庫にお金を保管していますが、大部分のお金は企業や他の利用者に貸し出されています。

 

つまり、銀行は利用者から預かったお金を運用しています。銀行は、「お金の預り所」ではなく、「資金を運用する企業」なのです。

 

そして、企業や利用者から返済されるお金の利子が、銀行の利益となります。

 

銀行はお金のやり取りの仲介役である
銀行は、世の中のお金の流れを生み出すためには欠かせない存在です。

 

例えば、ある会社の社長のAさんが、事業の拡大のためにお金を必要としているとします。また別なところで、定年退職をしたBさんが、退職金を受け取ったとします。普通であれば、AさんがBさんからお金を借りることはありえません。

 

ところが、銀行を介することにより、Bさんのお金がAさんの手に渡ります。Bさんが銀行にお金を預け、銀行がそのお金をAさんに貸すのです。

 

このように、銀行は個人や企業のお金を動かすことで、世の中のお金の流れを生み出しています。イメージとしては、「仲介役」や「パイプライン」のようなものと思ってください。

 

銀行は、ただ単にお金を保管していると思っていたかもしれませんが、経済を動かすためになくてはならない存在なのです。

 

銀行は企業の育て役である
銀行は、さまざまな企業にお金を貸しています。銀行からの融資がなければ、企業は発展することができません。世の中のほとんど企業が、銀行から融資を受けて事業を拡大していきます。

 

銀行からの融資を受けて大きく事業展開をした企業としてユニクロがあります。もともとユニクロは、山口県宇部市の小さな衣料品会社でした。全国展開を行うために、銀行から融資を受け、事業を拡大していきました。今では、日本はもちろんのこと、世界でも有数の大企業へと成長したのです。

 

日本では、ほとんどの会社が銀行からの融資を受けています。自営業でも銀行から融資を受けているケースはたくさんあります。その融資をもとに、事業を発展させていくのです。

 

つまり、銀行がなければ、企業は育ちません。そのような見方をすると、銀行は企業の育て役であることが分かります。

 

以上のように、銀行にはさまざまな役割があります。いずれの役割も世の中にとって欠かすことができません。利用者としての目線だけでなく、さまざまな角度から見ることで、銀行がどれだけ重要な存在かを知ることができます。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ