一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

銀行からの借金は「信用の証」である

銀行からの借金は「信用の証」である

人生において、お金は重要です。お金がなければ、生活ができません。

 

常に貯金などの資産があればよいですが、長い人生では何があるか分かりません。貯金を使い果たし、お金が無くなってしまうかもしれません。病気や事故などで、急に多額のお金が必要になるかもしれません。

 

どうしてもお金が必要なときは、借金をするしかありません。本来は、借金をしないに越したことはありませんが、背に腹は代えられません。

 

借金をするときに、「どこから借金をするのか」はとても重要です。

 

その選択肢の一つとして、銀行があります。銀行からの借金は「信用の証」になります。

 

今回は、「銀行からの借金が信用の証になる理由」について解説していきます。

 

消費者金融から借金をしてはいけない
借金をするときに、一番に思い浮かぶのが、消費者金融です。消費者金融とは、「お金を貸すだけの金融機関」のことです。よく、テレビのCMなどで「たった30分の審査で、300万円まで融資できます!」のような宣伝をしています。

 

審査は簡単で、たいていの人はすぐにお金を借りることができます。

 

急にお金が必要になったときにはありがたい存在ですが、デメリットも大きいです。

 

デメリットの一つ目は、「金利が高い」ということです。

 

消費者金融で借金をすると、15〜20%の金利(年利)になります。例えば、20%の金利で100万円を借りると、1年後に120万円を返さないといけないということです。いくらすぐにお金を貸してくれるといっても、さすがにこの金利は高すぎます。

 

二つ目は、「消費者金融から借金をした履歴が残る」ということです。

 

お金を借りた消費者金融だけでなく、他の消費者金融や金融機関にも、その履歴が知られることになります。「消費者金融からお金を借りるということは、お金の管理ができない人なのではないか」と思われてしまうかもしれません。

 

このようなことから、できる限り消費者金融から借金はしないほうがよいでしょう。

 

銀行からの借金は信用の証である
もし借金をするなら、銀行からするべきです。消費者金融と違って厳しい審査がありますし、どのようなことにでもお金を貸してくれるというわけではありませんが、借りることができたときのメリットは大きいです。

 

銀行からの代表的な借金として、住宅ローンがあります。職業や職歴、年収など、さまざまな審査項目がありますが、この審査を通ったということは社会的に信用できると見なされたということです。

 

この信用の証が、さまざまなことに良い影響を及ぼします。

 

例えば、クレジットカードを作るときがそうです。クレジットカードは、社会的にある程度信用されている人でないと作ることができません。

 

クレジットカードの申込用紙に、住宅ローンを組んでいるかをチェックする欄があります。これは、カード会社が、クレジットカード加入希望者が信用できる人物かを見ているのです。

 

住宅ローンを組んでいれば、銀行から認められているということなので、カード会社は「この人は信用できる人だ」とみなします。カード会社の審査も問題なく通るでしょう。

 

銀行からの借金は、住宅ローンだけでなく、マイカーローンや教育ローンなどがあります。いずれも厳しい審査を通らないと、ローンを組むことができませんが、「ローンを組めた=信用された」ということになります。

 

銀行から借金することにより、お金を手に入れることができるだけでなく、社会的信用も得ることができます。住宅やマイカーの購入など、人生のターニングポイントでお金が必要になったときには、銀行からの借金を検討してみてもよいでしょう。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ