一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

株の歴史と基礎知識

株の歴史と基礎知識

 

数ある資産運用の中で、最も一般的なものが「株」です。あなたの周りでも、株を保有している人は多いと思います。株式投資は、私たちにとって一番身近な資産運用といえます。

 

それでは、株とはいったいどのようなものなのでしょうか。今回は「株の歴史」、「株とは何か」について解説していきます。

 

株式会社の始まり
世界最初の株式会社は、1602年にオランダで設立された「東インド会社」です。東インド会社は、インドや東南アジアの特産品をヨーロッパに運んでいました。とても儲かる仕事ですが、造船や遠方までの航海、船員の確保には多くのお金が必要でした。

 

また、航海に危険はつきものです。航海の途中で嵐や海賊に襲われる可能性があります。そうなったときの被害は甚大です。いかに儲かる可能性があるとはいえ、リスクが高すぎたのです。

 

そこで、リスクを分散する方法が考えられました。出資を募るときに少人数から多額の資金を集めるのではなく、大人数から少しずつ資金を集めることにしました。それならば、航海が失敗したとしても、1人あたりの損失は少なくてすみます。

 

もし、航海が成功して利益を出すことができれば、その分の利益を出資者に分配するのです。

 

「多額の資金は出すのは不安だが、少額なら投資してみよう。」と考える人は大勢いました。そのようにして資金が集まり、航海をすることができたのです。

 

これが、株式会社の始まりです。そして、株(株式)とは証明書のことです。出資者から資金を預かった分だけ、証明書を発行していました。航海が成功すれば、その証明書と交換にお金を受け取ることができたのです。

 

それでは、日本で最初の株式会社はどの会社なのでしょうか。日本初の株式会社は、1873年に設立された第一国立銀行という名前の民間の銀行でした。日本でも、明治時代の初期から株式会社は存在したのです。

 

株とは「証明書」のこと
現在においても株の基本構造は変わりません。例えば、ある会社が事業を拡大しようと考えたとします。そこで、その会社は出資者(株主)を募ります。このとき、出資者(株主)から資金を受けとる代わりに、「確かに○○円を受けとりました」という証明書を発行するのです。この証明書が株(株式)です。

 

事業が成功し、会社の業績が上がれば、その会社の株の価値が上がります。株主にとってはありがたいことです。そのため、大株主であるほど、その会社の業績を気にするようになります。

 

投資の基本は分散なので、一つの株式会社に多額の投資をするのはあまりおすすめできません。ただ、勉強の意味で、株を少額から購入してみるというのはよいかもしれません。「自分の好きな会社」や「将来性がある会社」などさまざまありますが、会社を慎重に選び、少しずつ株式投資をしてみてはいかがでしょうか。


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ