クレジットカードの基礎知識:リボ払いを選んではいけない

クレジットカードの基礎知識:リボ払いを選んではいけない

クレジットカードの基礎知識:リボ払いを選んではいけない

 

現代において「クレジットカード」を持っていない人はほとんどいません。もちろん私も使っていますし、この記事を読んでいるあなたも利用しているはずです。もし「クレジットカードを持っていない」といえば、周りから驚かれると思います。

 

デパートやスーパー、コンビニなど、使える店がたくさんあることが、クレジットカードがこれほどまでに普及した理由です。また、使えば使うほどポイントが貯まることや、マイルや商品に換えられることもメリットになっています。

 

普段から何気なく使っているクレジットカードですが、仕組みや使い方をきちんと理解するだけで、無駄に損をすることがなくなります。

 

そこで今回は「クレジットカードの仕組み」や「クレジットカードの支払方法」について解説していきます。特に支払方法については「リボ払いを選んではいけない理由」を説明していくので、その内容をしっかりと理解してください。

 

クレジットカードの仕組み

クレジットカードで買い物をすると、翌月に銀行口座から使用料金が引き落とされます。一括払いでは一度しか引き落とされませんが、分割払いの場合は数カ月に分けて使用料金が引き落としされます。いずれの支払方法を選んでも、「支払いが後になる」のが特徴です。

 

このような仕組みのため、クレジットカードがあれば現金を持っていなくても買い物をすることができます。言い換えると、クレジットカードで借金をしていることになるのです。

 

カード会社が商品を買った店にお金を支払い、翌月に私たちがクレジットカード会社にお金を支払います。クレジットカードで買い物をするときにサインを書く場合がありますが、あれは借用書にサインをしているのと同じことなのです。

 

一見便利なシステムに思えますが、クレジットカードの使い過ぎは禁物です。お金がなくても買い物ができるので、ついつい買い過ぎてしまうことがあるからです。

 

クレジットカードの支払方法

続いてクレジットカードの支払方法を説明していきます。クレジットカードには「一括払い」、「ボーナス一括払い」、「分割払い」、「リボ払い(リボルビング払い)」の4種類の支払方法があります。

 

一括払い

一括払いは「買い物をした翌月に全額を支払う」という支払方法です。最も一般的で、分かりやすい支払方法になります。一括払いは手数料がかからないので、利用者の負担はありません。

 

ボーナス一括払い

ボーナス一括払いは「ボーナスが出た後に全額を支払う」という支払方法です。6月と12月にボーナスが出る会社が多いので、7月および1月以降に支払いが行われるケースが多いです。ボーナス一括払いも手数料がかからないので、利用者の負担はありません。

 

分割払い

分割払いは「支払回数を決め、代金をその回数で割った金額を毎月支払う」という支払方法です。例えば、48万円の買い物をして24回払いに設定した場合、毎月2万円を24ヶ月間支払い続けることになります。また、クレジットカードの種類によっては、ボーナス月の支払いを多くすることができます。

 

分割払いは毎月一律の手数料がかかります。何度も支払いが行われるため、手数料を取らなければカード会社の採算が合わなくなるからです。手数料がかかる分、一括払いよりも支払う金額は多くなってしまいます。そのため、できるだけ分割払いにはしないほうがよいでしょう。

 

リボ払い(リボルビング払い)

リボ払いは「毎月、一定金額を支払う」という支払方法です。

 

例えば、支払金額を「月々5万円」に設定したとします。そして、クレジットカードで30万円の買い物をしたとします。この場合、翌月から6ヶ月間に渡って5万円を払い続けることになります。

 

翌月以降にクレジットカードを使わなければ、順調に支払残金が減っていきます。ただ、現代においてクレジットカードを使わずに生活するのは難しいです。もしクレジットカードを使い続け、支払残金が減らなければ悪循環に陥ってしまいます。

 

なぜなら支払残金が50万円になっても100万円になっても、月々の支払金額は5万円だからです。リボ払いの場合、カードを使えば使うほど終わりが見えなくなっていくのです。

 

カード会社は「リボ払いは毎月の支払額が一定なので安心です」といいますが、それはリボ払いの見方の一つにすぎません。実際は「終わりの見えない返済地獄」に繋がっているのです。

 

そして、リボ払いも手数料がかかります。しかも、リボ払いの手数料は支払残金に応じて変動します。支払残金が多ければ多いほど、手数料も高くなるのです。トータルで考えれば、分割払い以上に損をすることになります。

 

カード会社から「リボ払いに変更しましょう」というメールやハガキが来るのは、私たちにカードを使わせ続け、手数料を取り続けたいからなのです。そのような理由がなければ、わざわざお金と手間をかけて私たちに案内するわけがありません。

 

クレジットカードは便利ですが、使い過ぎには注意してください。特にリボ払いは危険です。クレジットカードの支払方法は、基本的には一括払いを選んでください。実際に私は一括払い以外を選択したことはありません。

 

また、支払限度額を下げるなどして強制的に使用を制限するのも、無駄遣いをしないための有効な対策になります。

 

クレジットカードは基本的な仕組みを理解するだけで、どのような使い方をすればよいのかが分かります。リボ払いなどで無駄に手数料を取られないように、クレジットカードと上手に付き合っていきましょう。

 

 

『お金のガイドブック』: 無料メルマガ

 

メルマガの詳細

 

メルマガ登録ページ


ホーム メルマガ登録 運営者情報 サービスメニュー メディア掲載 お客様の声 お問い合わせ