一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

消費者金融の仕組み:消費者金融から借金をしてはいけない

消費者金融の仕組み:消費者金融から借金をしてはいけない

あなたは「借金」に対してどのようなイメージを持っているでしょうか。おそらくほとんどの人が、借金に対して良くないイメージを持っていると思います。なかには「良い借金」というものもありますが、基本的に借金は良いものではありません。

 

私たちが借金できる先はさまざまありますが、その中の一つに「消費者金融」があります。消費者金融は便利ですが、注意して利用しないと大変なことになります。今回は「消費者金融の仕組み」について解説していきます。

 

消費者金融の仕組み
消費者金融とは、「お金を貸すだけの金融機関」のことです。私たちのような個人の客にお金を貸し、返済されるときの利子で利益を得ています。銀行などと違い、簡単な審査ですぐにお金を貸してくれるのが特徴です。

 

よく、テレビのCMなどで「わずか30分の審査で、300万円まで融資できます!」のような宣伝をしています。

 

なぜ、数百万もの大金を簡単に貸すことができるかというと、金利がとても高いからです。一部の人が返済できなくなっても、その分を「多くの人から返済されるときの利子」でカバーしています。

 

2006年12月までは、最大で金利(年利)29%(100万円を借りたら、1年後に129万円を返さないといけない)という、ありえないほどの金利を設定することができました。消費者金融は銀行から2〜3%の金利でお金を借りて、客に29%近くの高い金利でお金を貸していました。

 

お金の貸し借りをするだけで、20%以上の利益を得ることができたのです。これは、かなりの「おいしい商売」です。

 

貸金業規制法の改正
2006年12月に貸金業規制法が改正され、金利の上限が金額によって15〜20%に引き下げられました。詳細としては、10万円未満で20%、10万円〜100万円で18%、100万円以上で15%です。

 

消費者金融の仕組み:消費者金融から借金をしてはいけない

 

それ以上の金利で借りる契約をしていても、15〜20%を超える利子は支払わなくてよいのです。

 

貸金業規制法改正後、「払い過ぎた利子(過払い金)を取り返します」という弁護士が現れるようになりました。金利の上限が15〜20%と設定されたにも関わらず、それ以上の利子を払ってしまった人が続出したのです。

 

過払い金を取り返すときに弁護士に支払う手数料は大きいです。「手数料を払ってでも、取り返せるものは取り返したい。」、「トータルでプラスになるなら構わない。」という心理に付け込んだビジネスです。

 

「困った人を助ける」と言えば聞こえはいいですが、弁護士もそのような人たちをターゲットにしているのです。

 

貸金業規制法の改正と過払い金の返還により、消費者金融の経営は厳しくなりました。

 

消費者金融から借金をしてはいけない
結論として、消費者金融から借金はしないほうがよいでしょう。理由はもちろん、金利が高すぎるからです。いくら、以前より金利の上限が引き下げられたといっても、15〜20%は高すぎます。

 

クレジットカード会社からのキャッシングに関しても同様です。消費者金融同様の高い金利が設定されています。こちらからも借金はしないほうがよいでしょう。

 

借金をするなら銀行からするべきです。手続きは面倒ですし、審査に時間もかかりますが、それさえ通ればかなり低い金利でお金を借りることができます。

 

世の中には、借金を返すために、また他のところから借金をして多重債務者になってしまう人が大勢います。そうなってしまっては人生が狂います。場合によっては、自殺を選択する人もいるかもしれません。

 

消費者金融から借金はしないほうがよいですが、仮にするにしても、「必ず返せる」という見込みをつけてから借金をするようにしましょう。


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ