一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

資産運用のために不動産を保有したいのですが、どこに購入すればよいですか?

Q、資産運用のために不動産を保有したいのですが、どこに購入すればよいですか?

将来の資産形成を目的として投資用の不動産を購入するときに、気を付けなければならないポイントはたくさんあります。その中で最も重要なのは「入居者を確保できる場所に不動産を購入する」ということです。

 

投資用の不動産は、とにかく人に住んでもらわないといけません。なぜなら、入居者がいないと家賃収入を得ることができないからです。

 

家賃収入を得ることができなければ、毎月のローンを自分で支払わなくてはなりません。投資用不動産において一番のリスクは「空室」といえます。

 

空室を避けるためには、できるだけ人が多い場所に不動産を保有する必要があります。「田舎よりも都会」、「郊外よりも駅近」のように考え、入居する確率が高い場所の不動産を購入するようにしてください。できる限り空室のリスクは避けましょう。

 

ただ、入居者を確保できる可能性が高い物件ほど価格が高い傾向にあります。安定して収入を得ることができるため、そのような傾向になるのは当然のことといえます。人が入るからといって、安易に高額な物件を購入しないようにしましょう。

 

さらに、今だけでなく将来的にも入居者を確保し続ける必要があります。現時点で入居者がいる(もしくは入居する見込みがある)というだけでは、不動産を購入する理由としては不十分です。

 

将来的にも入居者を確保し続けるためには、人口が増える場所(もしくは将来的にも人口が多い場所)を選ばなければなりません。

 

将来の人口予測は総務局が打ち出しています。その人口予測を参考に不動産の購入を検討してみてください。例えば、東京都であれば「港区」と「江東区」が特に人口増加が顕著なので、そのあたりに物件を購入するのは理にかなっています。

 

また、「地域が活性化する要因」があると良いでしょう。再開発が進む計画があったり、新しい駅ができたりすれば、その地域は活性化していきます。

 

私が神戸の物件を購入したときは、近くに関西最大級のショッピングモールができることが決まっていました。その地域は間違いなく活性化すると考え、購入を決めました。

 

以上のように、不動産投資では将来に渡って入居者を確保できる見込みがある物件を購入するべきです。不動産は大きな投資になるので、よく下調べをして慎重に検討してから購入するようにしましょう。

 

関連カテゴリー……不動産


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー メディア掲載 お客様の声 お問い合わせ