一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

投資用の不動産を保有した方がよいですか?

Q、投資用の不動産を保有した方がよいですか?

将来の対策として、投資用の不動産を保有するのは良い選択です。ローンを払い終えれば年金の代わりになりますし、節税対策に活用することもできます。また、不動産には生命保険の機能も付いています。

 

借金大国である日本はこれからもインフレが進んでいくと予想されています。なぜなら、お金を大量に発行して、「借金の価値」を薄めるのが政府の狙いだからです。そのような対策を取らなければ、日本は国家破産してしまいます。

 

お金の流通量が増えると、その分だけ物価が上昇し、「お金の価値」が下がっていきます。このようにして日本のインフレは進行していきます。

 

ただ、インフレが進行して物価が上昇しても、不動産のローン返済額は変わりません。「インフレが進んだから月々10万円の返済額を20万円に増やします」のようなことはできないのです。

 

このような経済予測が立てられるため、ローンを組んで投資用不動産を保有する人が増えています。

 

ただ、不動産は価格が大きいので安易に購入するのはおすすめできません。「ハズレ物件」を購入してしまったら、取り返しが付かないからです。あくまで「資産運用の選択肢の一つ」と認識しておきましょう。

 

投資用の不動産を購入する場合は慎重に検討し、厳選に厳選を重ねてから購入するようにしてください。

 

関連カテゴリー……不動産

『お金のガイドブック』: 無料メルマガ

 

 


ホーム メルマガ登録 運営者情報 サービスメニュー メディア掲載 お客様の声 お問い合わせ