一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

日本だけでなく、海外でも資産運用を実践した方がよいですか?

Q、日本だけでなく、海外でも資産運用を実践した方がよいですか?

将来に向けて資産を形成していきたいのであれば、海外での資産運用を検討するべきです。

 

なぜならこれからも世界経済は成長していくので、海外で資産運用を実践することにより、資産を大きく増やせる可能性があるからです。特に発展途上国(開発途上国)の経済成長は著しいものがあります。

 

世界経済とは反対に、日本の経済は衰退していくことが予想されています。日本の人口はこれからも減少していくので、物の消費が少なくなり、経済活動が沈静化していくのです。そのため、日本で資産運用を行っても、資産を増やすのには限界があります

 

また、海外の金融商品は日本に比べて手数料が少ないのが特徴です。どちらかというと、「手数料の金額や取り方が適正である」という表現のほうが正しいかもしれません。海外の金融機関は資産運用の最初から最後まで「一律の手数料」をもらう仕組みになっていることが多いです。

 

それに対して、日本の金融商品は「売買手数料」が大きいのが特徴です。あまり実感がないと思いますが、日本の金融商品の売買手数料は世界トップクラスです。日本の金融機関はお客様に金融商品を売り買いしてもらい、その手数料で儲けているのです。

 

海外の金融機関には「お客様の資産を増やそう」という考えが根付いています。お客様の資産をしっかりと増やせば、一律の手数料でも十分に儲けることができるのです。お客様にとっても資産が大きく増えているので、ある程度の手数料を取られても問題ありません。

 

さらに、海外にはオフショアと呼ばれる「税金がかからない地域(香港やシンガポール、ドバイ、マン島など)があります。そのような地域ではキャピタルゲイン税などの税金がかからないので、資産を大きく増やすことができます。

 

時間はかかりますが、そのような地域で運用すれば資産を増やすことはさほど難しいことではありません。

 

もちろん、海外の資産運用にもリスクはあります。発展途上国は経済が不安定なので、資産が増える可能性がある反面、損をする可能性もあるのです。また、投資詐欺に遭う可能性もあります。ただ、資産を「金融機関」に預ければ、詐欺に遭うことはありません。

 

以上のように、海外の資産運用にはたくさんのメリットがあります。基本的には日本で運用するよりも資産を増やせる可能性が高いと認識しておいてください。これからは日本だけでなく、世界に目を向けて資産形成を考えていくことが大切です。

 

関連カテゴリー……投資・資産運用オフショア


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ