一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

「日本の借金」と「国民の資産」の関係

「日本の借金」と「国民の資産」の関係

「借金」というと個人や企業がしているイメージがあると思います。もちろん間違いではありませんが、借金をしているのは個人や企業だけではありません。実は国も借金をしているのです。

 

国の借金の額は個人や企業とは比べものになりません。例えば私たちが住んでいる日本は、1,000兆円以上もの借金を抱えています。日本は世界でもトップクラスの借金大国なのです。

 

それでは、日本はそれほど莫大な金額をいったいどこから借りているのでしょうか?

 

日本はアメリカなどの他国から借金をしているわけではありません。もっと身近なところからお金を借りているのです。

 

今回は「日本の借金の現状」や「日本の借金と国民の資産の関係」について解説していきます。私たちの資産と国の借金がどのような関係にあるのかをしっかりと理解しておきましょう。

 

日本は国民から借金をしている
私たちは銀行やゆうちょにお金を預けています。銀行やゆうちょはそのお金を他の人や企業に貸しています。そのようにしてお金を回すことにより、利子という儲けを得ているのです。つまり、私たちが預けているお金は銀行に運用されていることになります。

 

銀行は個人や企業以外に、国にもお金を貸しています。国は大量の国債を発行することにより、銀行から多額のお金を借りているのです。国債とは「国が発行している借用書のようなもの」と思ってください。大銀行から地方銀行まで、日本中の銀行が大量の国債を保有しています。

 

その借金額はなんと1,000兆円以上にもなります。私たちが銀行を介して間接的に国に貸しているお金はこれほどまでに膨れ上がっていたのです。

 

銀行は大量の国債を発行し、国が購入しています。国債とは簡単にいうと借金のことです。つまり、「国債を買う=借金をする」ということになります。

 

実は「国民の資産を間接的に国が借りる」というシステムは数十年間も続いています。このシステムがあるからこそ、そこまで税金を上げなくても国家を運営できていたのです。

 

税金が安いほど、政府は国民の支持を得やすくなります。つまり、このシステムが政権維持の一端を担っていたのです。

 

日本は借金をしないと破産してしまう
それではなぜ日本はこのような事態になっているのでしょうか? それには日本の財政状況が関係しています。

 

日本の財政状況は非常に厳しい状態が続いています。「税金」という収入に比べ、「国家予算」という支出が大きすぎるのです。つまり、毎年赤字経営をしているような状態です。どこかからお金を捻出しないと、医療費が足りなくなりますし、公共事業も行うことができません。

 

その足りない分を補てんするために、銀行やゆうちょを介して国民から莫大な借金をしているのです。

 

ただ、国民が保有している資産にも限度があります。1億を超える人口がいても、無限にお金を貸し続けることはできないのです。

 

つまり、日本の財政は破綻に向かっていることになります。

 

国が借金の対策を講じると、国民が損をする
もちろん、そうならないように国はさまざまな対策を講じます。例えば国がお金を大量に発行すれば、国や国民が保有する資産も増えることになります。

 

ただ、そうなるとインフレがおきてしまいます。世の中に存在する物の数は変わらないのに、お金の流通量だけが増えれば、物の値段が上がっていくのは当然の流れといえます。

 

そうなると私たちの預金や貯金の「価値」が減ってしまいます。物の値段が上がっていけば、1,000万円のお金があっても、500万円分の物しか買えなくなってしまうときが来るかもしれません。貯金や預金は最も基本となる資産ですが、それだけでは資産価値が減っていくのは明白です。

 

このように国が借金の対策を講じると、私たち国民にしわ寄せが来てしまうのです。このままでは日本を助けるために、国民が損をし続けなくてはなりません。

 

私たちはこれほどの借金を抱えている国に住みながら、何も考えずに暮らしていて良いのでしょうか?

 

私はそうは思えません。自分の将来は自分で切り開いていかなければならないのです。そのためにさまざまな「お金の知識」を身に付け、将来に向けて資産を形成していかなければないのです。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ