一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

日本銀行は日本の経済をコントロールしている

日本銀行は日本の経済をコントロールしている

日本銀行が日本の経済に与える影響は大きいです。日本銀行は「銀行にとっての銀行」なので、日本銀行の政策によって、全ての銀行が影響を受けます。経済活動の中心となる銀行が影響を受けるということは、経済そのものが影響を受けるということなのです。

 

今回は、「日本銀行がどのようにして日本の経済をコントロールしているのか」を解説していきます。

 

日本銀行は銀行の金利をコントロールしている
日本銀行は、一般の銀行にお金を貸すときの金利を調整し、一般の銀行が企業や個人にお金を貸すときの金利をコントロールしています。ちなみに、日本銀行が一般の銀行にお金を貸すときの金利を「政策金利」といいます。

 

一般の銀行は、各々が独自に金利を決めますが、その金利は日本銀行の政策によって、大きな影響を受けます。

 

日本銀行は経済を活性化させたいとき、つまり景気が悪いときに政策金利を下げます。

 

日本銀行が政策金利を下げれば、一般の銀行は低金利でお金を借りることができます。そうなれば一般の銀行は、企業や個人にも低金利でお金を貸すことができます。「低金利であれば、お金を借りよう」と考える企業や個人が増え、経済の動きは活性化します。

 

逆に、経済の動きを落ち着かせたいとき、つまり景気が良いときに政策金利を上げます。

 

「景気が良ければそのままでよいのでは?」と思うかもしれませんが、必要以上にお金が流通すると、インフレが誘発されてしまいます。日本銀行は将来を考え、金利を上げることにより、「経済の引き締め」を行うのです。

 

日本銀行が政策金利を上げれば、一般の銀行は高金利でお金を借りることになります。そうなれば一般の銀行は、企業や個人にも高金利でないとお金を貸すことができません。「高金利なので、お金を借りるのはやめておこう」と考える企業や個人が増え、経済の動きは沈静化します。

 

以上のように日本銀行は、政策金利を調整することにより、日本の経済のコントロールするのです。

 

日本銀行は日本の経済をコントロールしている

 

金融政策はうまくいかない場合もある
実際には、金融政策を行ってもうまくいかないことがあります。なぜ、うまくいかないのかというと、「経済とは単純なものではないから」です。「そんなの理由になってない」と思われるかもしれませんが、それが本質的な理由です。

 

経済は企業や個人、政府、日本銀行、一般の銀行、世界情勢、為替など、さまざまな要因が複雑に絡み合って動いています。そのため、金融政策を行うだけで狙い通りに経済が動くとは限らないのです。

 

例えば、景気が悪いときに政策金利を下げることは今まで何度も行われてきました。しかし、必ずしも企業や個人の借り入れが増え、お金が回るようになり、景気が良くなったわけではありません。

 

例えば、「金利は安いけれど、将来が不安で借り入れができない」と考える企業や個人が多ければ、景気は悪いままです。

 

さまざまな要因が合致し、一定の方向性が示されることで、経済が活性化するのです。

 

金融政策は必ずしもうまくいかない場合があります。しかし、金融政策を理解することにより、経済がどのように動くのかをある程度予測することができます。その予測もとに、資産運用を行うことにより、将来の資産形成に繋げることができるのです。


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー メディア掲載 お客様の声 お問い合わせ