一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

サラリーマンは「源泉徴収」によって所得税を徴収される

サラリーマンは「源泉徴収」によって所得税を徴収される

収入を得ている人であれば、所得税を払わなければなりません。所得税とは、所得(収入から経費を引いた残りのお金)にかかる税金です。所得が多いほど、所得税の金額も大きくなります。

 

自営業の人であれば「確定申告(一年間の所得を税務署に申告する手続き)」を行って、所得税を払います。

 

それに対してサラリーマンは、「源泉徴収」によって所得税が自動的に徴収されます。源泉徴収という制度があるおかげで、サラリーマンは所得税の計算をする必要がありません。所得税の計算をしなくてよいので楽なのですが、その分税金に対する意識が薄れてしまいます。

 

自分で払っていなくても、税金の仕組みを理解しておくことは大切です。そこで今回は、「源泉徴収の基礎知識」について解説していきます。サラリーマンであるならば、どのような仕組みで税金が徴収されているのか理解しておくようにしましょう。

 

※サラリーマンだけでなく、公務員やパート、アルバイトなども源泉徴収によって所得税が引かれています。つまり、源泉徴収は給与をもらっている人が対象となる制度なのです

 

源泉徴収の基礎知識
源泉徴収とは、「サラリーマンの代わりに会社が所得税を払ってくれる制度」のことです。この制度があるため、サラリーマンは所得税が引かれた状態で給料を受け取ることになります。

 

国が源泉徴収という制度を採用したのは、「税金を集めるときにかかる費用を削減するため」です。

 

日本では、「申告納税方式」によって所得税が集められます。基本的には働いている人が自分で所得税を計算し、申告しなければなりません。そのため自営業の人などは、確定申告を行って所得税を申告しています。

 

ただ、働いている人全員が確定申告を行うと、途方もない数になってしまいます。その処理にかかる人件費も、莫大な金額になります。

 

そこで国は、源泉徴収という制度を適用しました。会社に社員の所得税を計算させ、納付させるようにしたのです。日本人はほとんどがサラリーマンなので、「納税にかかる手間やコスト」を会社に一任することで、国としては大幅なコストカットに成功したのです。

 

また、個人が確定申告を行うと、ミスをする可能性があります。しかし、源泉徴収ならそのようなミスはまずありえません。

 

さらに、国としては「安定して収入を得ることができる」というメリットもあります。確定申告だけでは2月〜3月でしか税収を得ることができませんが、源泉徴収なら毎月税金を徴収できます。

 

会社は源泉徴収を行った月の翌月の10日までに、社員の所得税を税務署に納付しなければなりません。例えば1月分の所得税は、2月10日までに払わなければならないということです。

 

さらに、この制度があるためにサラリーマンは「税金を払っている」という意識が薄くなっています。サラリーマンの意識を税金から遠ざけることも、国の狙いだったのかしれません。

 

源泉徴収では正確な所得税が計算されていない
会社が源泉徴収によって払ってくれている所得税は、正確な金額ではありません。サラリーマンの所得は一年が終わらないと確定しないので、会社は毎月の給料からおおよその所得税を引いているのです。

 

その状態が続くと、一年が終わる頃には誤差が生じてしまいます。そして、多くの場合は誤差のせいで所得税を払い過ぎているのです。

 

そうなるとサラリーマンは損をしてしまうことになります。ただ、「年末調整(税金を正確に計算し直す手続き)」を行うことにより、払いすぎた税金が戻ってくることがあります。

 

生命保険に加入している場合やマイホームを持っている場合、配偶者や子どもがいる場合などは、税金が戻ってくる可能性があります。状況に応じて提出する書類が異なるので、しっかりと会社に確認するようにしましょう。

 

この手続きは、基本的には会社の経理が行ってくれます。もしくは外部の会社に委託することもあります。私が勤めていた会社でも、年末調整などの税金の手続きだけを外部委託していました。

 

以上が「源泉徴収」と「年末調整」の概要になります。あなたがサラリーマンであるならば、「どのようにして所得税が徴収されているのか」や「自分は年末調整を行う必要があるのか」などを把握しておくようにしましょう。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ