一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

確定申告のやり方と必要になるものを理解する

確定申告のやり方と必要になるものを理解する

働いている人であれば、所得税を払わなければなりません。所得税とは、「所得(収入から経費を差し引いた残りのお金)にかかる税金」のことです。

 

サラリーマンであれば、給料から所得税が天引きされます。つまり、会社が所得税を払ってくれているのです。それに対して、自営業の人であれば確定申告を行います。つまり、自分で所得税を払わなくてはならないのです。

 

確定申告とは、「一年間(1月1日〜12月31日)の所得を税務署に申告する手続き」のことです。「自分が一年間にいくら稼ぎ、いくらの所得税を納めるか」を税務署に報告するというわけです。この手続きをしないと、「脱税」になってしまいます。

 

確定申告は基本的に自営業の人が行うのですが、サラリーマンでも確定申告を行う場合があります。それは、不動産収入など「給料以外の収入」がある場合です。私も大阪と神戸に不動産を所有しているので、サラリーマン時代から確定申告を行っていました。

 

何度か確定申告をしたことがあれば、その流れを理解しているはずです。ただ、一度も確定申告をしたことがない人は、色々と不安に思うこともあるはずです。

 

そこで今回は、「確定申告のやり方」について解説していきます。特にまだ確定申告を行っていない人は、以下の内容をよく理解しておきましょう。

 

確定申告のやり方
確定申告の手順は以下のようになります。

 

1、確定申告に必要な「書類」を揃える
まずは、源泉徴収票や領収書、支払調書、生命保険などの控除証明書など、「収入や支出を証明できるもの」を揃えます。正確に所得を計算するためにも、必要書類はしっかりと揃えましょう。

 

2、確定申告に必要な「用紙」を手に入れる
次に、「確定申告書」などの確定申告に必要な用紙を手に入れます。これらの用紙は、全国どこの税務署でも手に入れることができます。確定申告の時期になると、税務署も分かりやすいように専門のコーナーを作ってくれています。

 

ここでのポイントは、「なんのために確定申告を行うのかを明確にする」ということです。事業所得や配当所得など、「所得の種類」によって確定申告書の種類が違ったり必要な用紙が増えたりします。

 

税務署に行けば分からないことを教えてくれるので、疑問点はとにかく聞いてみることをおすすめします。

 

また、確定申告に必要な用紙は国税庁のホームページからダウンロードすることもできます。ただ、そのようなやり方は慣れてきてからにしたほうが良いでしょう。

 

3、確定申告書を作成する
確定申告に必要な「書類」と「用紙」が揃ったら、確定申告書に必要事項を記入していきます。記入内容には、収入金額や所得金額、所得から差し引かれる金額、税金などがあります。たくさんの記入項目があるので、自分に該当するものをしっかりと確認してください。

 

特に、所得金額や税金は自分で計算しなければなりません。計算方法などが分からなければ、税務署や確定申告支援センターに相談するようにしましょう。

 

4、確定申告書を提出する
税務署に確定申告書を提出します。このときの税務署は、「管轄の税務署」でなければなりません。

 

管轄の税務署は、住所によって異なります。住んでいればなんとなく分かるかもしれませんが、念のため税務署や国税庁のホームページで「自分の管轄の税務署はどこなのか」を確認するようにしましょう。

 

また、確定申告書は郵送で提出することもできます。ただ、消印の日付が提出日とみなされるので、その点には注意が必要です。

 

確定申告の提出期間は、基本的には「翌年の2月16日〜3月15日」です。
※厳密にはその年によって多少前後します

 

5、税金を納付する(もしくは還付を受ける)
税金(所得税)を納付します。確定申告書の提出期間と同様に、3月15日までに金融機関に納めなければなりません。

 

申告を済ませても、税金の納付が済んでいないと延滞税などが発生することがあります。「確定申告」と「税金の納付」を一緒に行えば、そのようなミスは防げるでしょう。

 

また、税金が還付される場合は、確定申告書に記載した金融機関に入金されます。確定申告をした日から1〜2ヶ月で還付されるので、少し待たなければなりません。

 

確定申告を行う際には、以上のような流れで行ってください。

 

確定申告は税金に関することなので、間違いがあってはいけません。不明点は税務署などでしっかりと確認し、正確に手続きを行うようにしてください。

関連ページ

税金の知識を深めるために「税金の種類」を把握する
税金の使い道:公共事業、公務員の給料、公的資金
私たちは「納税者(タックスぺイヤー)」である
給与明細を見ることにより、税金を払っている意識を持つ
サラリーマンは「源泉徴収」によって所得税を徴収される
サラリーマンが確定申告を行わなければならない「5つのケース」
給与以外の所得があるサラリーマンは確定申告の義務がある
サラリーマンが確定申告をすると税金が戻ってくることがある
個人年金保険に加入している人は確定申告で税金が安くなる
「源泉徴収」の基礎知識:対象となるお金と計算方法を理解する
「年末調整」の基礎知識:税金が戻ってくるケースを把握する
所得税の支払方法:「確定申告」と「源泉徴収」
「生命保険料控除」を活用すれば所得税が安くなる
「地震保険料控除」を活用すれば所得税が安くなる
「配偶者控除」を活用すれば所得税が安くなる
「扶養控除」と「子ども手当(児童手当)」の関係
「住宅ローン控除」を活用すれば所得税が安くなる
相続税の基礎知識:8割の人は相続税を払う対象にならない
相続税の税率と計算方法を理解する
マイホームを購入すると税金の支払いを少なくできる

ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ