一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

日本銀行の役割:日本銀行は「銀行にとっての銀行」である

日本銀行の役割:日本銀行は「銀行にとっての銀行」である

日本銀行は日本の経済の中心です。日本銀行がどのような金融政策を行うかで、日本の経済が大きく動きます(日本銀行は政府から独立した法人ですが、財務省所管のため日本銀行が行う施策は「政策」といいます。)。

 

日本銀行は日本の経済の中心となる銀行なので、中央銀行とも呼ばれます。

 

普段、私たちが直接関わることのない日本銀行ですが、日本の経済においてどのような役割を持っているのでしょうか。今回は「日本銀行の役割」について解説していきます。

 

日本銀行は「銀行にとっての銀行」である
私たちは銀行からお金を借りたり、預けたりしています。その銀行にとってもお金を借りたり、預けたりする銀行があります「銀行にとっての銀行」、それが日本銀行です。日本にある全ての銀行は日本銀行と繋がっています。

 

日本銀行は一般の銀行よりも金利が安いです。一般の銀行は日本銀行からお金を借り、金利を上乗せして企業や個人に貸しています。そのようにして利益を得ているのです。

 

一般の銀行が日本銀行にお金を預けても、原則として利子がつきません。それならばなぜ、一般の銀行は日本銀行にお金を預けるのでしょうか。その理由は「他の一般の銀行と簡単に取引ができるから」です。

 

例えば、銀行Aが銀行Bに振り込みをするとします。お互いが日本銀行の口座を持っていれば、日本銀行に依頼することにより簡単に取引が完了します。コンピューター上で銀行Aの口座の残高を減らし、銀行Bの口座の残高を増やすだけです。

 

銀行同士でお金のやり取りをする機会は多いので、このようなシステムは便利です。全ての銀行が日本銀行に口座を持っているからこそ、このようなことが可能になります。

 

日本銀行は「政府にとっての銀行」である
日本銀行は「政府にとっての銀行」でもあります。政府は「私たちが納めている税金」や「銀行やゆうちょなどが購入した国債の代金」などを日本銀行に預けます。また、日本銀行からお金を引き出し、公務員の給料や公共事業に使います。

 

日本銀行は紙幣を発行している
日本銀行は紙幣を発行しています。日本の紙幣には、1,000円札、5,000円札、10,000円札の3種類があります。紙幣の正式名称は「日本銀行券」といいます。日本銀行が発行しているため、そのような名称が付いているのです。

 

ちなみに、硬貨は財務省が発行しています。日本の硬貨には、1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉の6種類があります。

 

日本銀行は政府の指示を受け、お金の流通量を調節しています。政府から独立した法人ですが、財務省所轄のため政府の指示通りに動きます。

 

日本銀行は、お金の流通量が少ないときに大量に紙幣を発行します。そして一般の銀行の国債を買い取ることで、一般の銀行の現金の量を増やします。国債とは簡単に言うと、「国の借金証書」です。借金証書なので、現金と交換することができるということです。

 

日本銀行は国債が増え、一般の銀行は現金が増えます。つまり、お金の流通量が増えることになります。日本銀行は、金融緩和をするときにこのような動きをします。

 

逆に、お金の流通量が多いときは、一般の銀行に国債を売却します。一般の銀行からお金を回収することで、お金の流通量を減らします。日本銀行は、金融引締めをするときにこのような動きをします。

 

日本銀行は、このようにしてお金の流通量を調節しています。お金の流通量を調節することにより、インフレ・デフレを誘導し、日本の経済を動かしているのです。

 

以上のように、日本銀行にはさまざまな役割があります。いずれの役割も日本の経済を動かす上で、かかすことができません。日本銀行の動きを見ることで、どのような経済状況であるかを把握することができます。


ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ