一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

株式投資の始め方と証券会社の選び方

株式投資の始め方と証券会社の選び方

株式投資を始めるにはどうすればよいのでしょうか。株式投資というと、難しいと思うかもしれませんが、実は簡単に始めることができます。

 

今回は、株式投資の始め方について解説していきます。

 

始めに口座を開設する
株を買いたいのであれば、まずは証券会社で口座を開く必要があります。証券会社で口座を開くといっても、銀行で口座を開くのと変わりはありません。免許証やパスポートなどの身分証明書と印鑑を持参すれば、簡単に口座を開くことができます。

 

さらに、今はインターネットの証券会社(ネット証券)というものがあります。これもネット銀行のように、自宅にいながら簡単に口座を開くことができます。ネット証券ならば、家にいながら簡単に株の売買をすることができます。

 

口座を開設することに不安がある人は、株式投資をしている知人に聞くことをおすすめします。株式投資が好きな人ならば、親身になって教えてくれるはずです。

 

証券会社を選ぶ基準
日本にはたくさんの証券会社があります。その中からどの会社を選べばよいのでしょうか。

 

さまざまな選択基準がありますが、最も重要視すべきは手数料です。株の売買手数料は、証券会社によって違います。1回の取り引き手数料が安い会社や複数回の取り引きによって手数料が安くなる会社など、特色はさまざまです。

 

複数の証券会社を見比べ、自分の投資スタイルに合った証券会社を選択することをおすすめします。

 

ここで覚えておいてほしいのが、「証券会社の利益がどこから出ているのか」ということです。証券会社の利益は、私たちの株の売買の手数料です。そのため、積極的に売買させようとする会社は多いです。

 

証券会社の人(証券マン)の裏事情を聞くと、お客さんの利益などをまったく考えず、とにかく売買を勧めることもあります。それが証券マンの成果になるからです。基本的に証券マンは「株の売買をさせたい」と考えていると理解しましょう。

 

そのため人の意見ではなく、自分自身の判断基準を持ち、売買を選択することが重要になります。それと、「自分と利害関係のない人」からの意見も大切にしてください。

 

ちなみに、仮に証券会社が倒産しても、私たちが投資したお金はなくなりません。私たちが投資したお金と証券会社の運用資金は別々に管理されています。

 

株の単位は企業によってさまざまである
企業によって、何株から買えるのかが違ってきます。以前は1,000株から買える企業が多かったのですが、今では1株から買える企業もあります。こればかりは、企業によってまちまちです。

 

ただ、低額の株を1株だけ買っても、あまり意味がありません。株の価値よりも取引手数料のほうが高くなり、損をしてしまいます。

 

投資企業を選ぶ基準
株式会社といっても、株式市場で売買されている会社でなければ、株を購入することはできません。自分が投資をしたい企業が、株式市場で売買されているかをチェックすることが必要になります。

 

どの企業に投資するかはとても重要です。ただ、その企業の株の価値が上がるかは、誰にも分かりません。仮に、その企業が倒産してしまったら、株はただの紙切れになってしまいます。こればかりは自己責任なので、誰を恨むわけにもいきません。

 

その企業に将来性があり、株の価値が上がる可能性があるかどうかは、株を購入するうえで正しい選択基準になります。ただ、本当に株の価値が上がるのかは誰にも分かりません。前述の通り、もしかしたら倒産してしまうかもしれません。

 

株式投資は基本的な資産運用です。しかしながら、すべての資産を株式へ投資するのは危険です。万が一、投資先に何かがあったとしても、生活に支障の出ない範囲で行うことが大切です。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ