一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

保険の掛け方:「掛け捨て型」と「積み立て型」の違い

保険の掛け方:「掛け捨て型」と「積み立て型」の違い

保険には、大きく分けて2つの掛け方があります。細かい分類まで挙げるときりがないですが、基本的には「積み立て型」と「掛け捨て型」の2つのパターンを理解しておけば問題ありません。

 

積み立て型は、「保険料(掛け金)が積み立てられ、満期になれば保険金を受け取れる」という保険です。「保険を使って貯蓄をしている」というイメージを持ってください。生命保険や医療保険によくある掛け方です。

 

例えば、積み立て型の生命保険では、満期(契約終了時期)までに死亡してしまえば、遺族が保険金を受け取ります。満期まで生きていれば、本人が保険金を受け取ります。

 

一方、掛け捨て型は、「保険料(掛け金)は払いっぱなしで、保険金を受け取れない」という保険です。掛け捨て型は、保険の機能しかありません。

 

例えば、掛け捨て型の生命保険であれば、死亡時に遺族が保険金を受け取ります。それ以外で、本人や遺族が保険金を受け取ることはできません。

 

一見すると、どのような場合でも保険金を受け取れる積み立て型のほうが良いようにみえます。しかし、話はそう単純ではありません。「積み立て型」と「掛け捨て型」の違いをしっかりと理解し、保険を選ぶことが大切です。

 

今回は、「積み立て型と掛け捨て型のメリット、デメリット」について紹介していきます。

 

積み立て型のメリット、デメリット
積み立て型のメリットは、どのような場合でも保険金を受け取れることです。景気が良いときは、保険会社の運用によって資産が増え、満期に戻ってくる保険金も多くなります。

 

しかし、日本は長きに渡って不況が続いています。今後も人口が減少し続けることを考えると、景気が大きく回復するとは考えにくいです。積み立て型は、これからの日本の情勢に適していない面があります。

 

積み立て型のデメリットは、保険料が高いということです。積み立て型は、保険の機能に加えて貯蓄の機能も備えています。そのため、必然的に支払う金額が多くなります。

 

将来の受取金額が積立金額より少なくなることは考えにくいですが、お金を長期間拘束されてしまいます。自分で自由に使えるお金が少なくなってしまうのです。

 

資産運用の方法は、積み立て型の保険だけではありません。その分のお金を使い、自分で投資や資産運用するという選択肢もあります。

 

掛け捨て型のメリット、デメリット
掛け捨て型のメリットは、保険料が安いということです。死亡したときを除いて、保険金を受け取ることができないので、お金を多く貯める必要がありません。

 

掛け捨て型のデメリットは、保険金を受け取れないケースがあるということです。

 

例えば、掛け捨て型の医療保険であれば、保険金を受け取れるのは入院や手術のときのみです。掛け捨て型に満期はないので、入院や手術をしなければ、保険金を受け取ることはできません。

 

保険金を受け取れなかった場合、損をしたと感じるかもしれませんが、そうではありません。保険はあくまで保険です。万が一のときに備えるためのものです。そう考えると、「保険金を受け取れなかった=何事もなかった」ということです。

 

無駄に保険料をかけ過ぎていなければ、保険金を受け取れなかったことが一番良い結果といえます。

 

保険の掛け方:「掛け捨て型」と「積み立て型」の違い

 

保険の営業マンは積み立て型に加入させたい
積み立て型と掛け捨て型の違いを、保険の営業マンの観点から見ていきましょう。実は、営業マンにとっては、積み立て型のほうが良い評価をもらえます。なぜなら、積み立て型のほうが、保険料が高いからです。

 

例えば、月々1万円の保険を3件契約するのと、月々3万円の保険を1件契約するのとでは同じ成果になります。それならば、高い保険に加入してもらったほうが、成果が上がりやすいというわけです。

 

保険の営業は、成果報酬であることが多く、成果が上がるほど給料も上がります。成果が直接的に給料に反映するからこそ、営業マンは高額な保険を提案してくるのです。

 

そういった裏事情を考えると、とにかく積み立て型を勧めてくる営業マンはあまり信用できないかもしれません。そのような人の言うことを真に受けてしまうと、不要に高額な保険に加入してしまうことになります。

 

今後の日本の情勢を考えると、積み立て型で資産が大きく増えることは考えにくいです。これからは、掛け捨て型が主流になっていくでしょう。保険の掛け方にはどのようなものがあるのかをしっかりと理解し、自分に合った保険を選ぶようにしてください。

関連ページ

保険の種類:保険は10種類に分けられる
保険料の支払方法は5種類に分けられる
保険に加入する前に、生活に必要なお金を計算してみる
積み立て型の保険の「金利」は変わらない
保険会社の信用度は格付けによって決まる
保険会社の選び方:ソルベンシーマージン比率を見る
保険会社は「金融機関」である
生命保険の仕組み:生命保険の必要性は人によって違う
生命保険に加入する前に、「遺族年金」の仕組みを理解する
生命保険の必要性:50歳までに死ぬ確率は3%である
不動産を保有することが生命保険の代わりになる
医療保険に加入する前に、健康保険の仕組みを理解する
がん保険の仕組み:がん保険があると安心して治療と生活ができる
学資保険に加入する前に「子どもの教育にかかるお金」を把握する
個人年金保険の基礎知識:個人年金保険は3種類に分けられる
個人年金保険に加入する前に、老後に必要なお金を計算してみる
個人年金保険の選び方:まずは個人年金保険の種類を選択する
個人年金保険のメリット、デメリット
知っておくべき特殊な個人年金保険
個人年金保険の加入率は20〜25%程度である
個人年金保険料控除により、税金の還付を受けることができる
個人年期保険以外の将来の資産形成法
公的介護保険の基礎知識:40歳以上が公的介護保険の対象になる
公的介護保険の要介護認定は7段階に分けられる
公的介護保険のサービスを受けるまでの流れ
介護休業給付金の基礎知識と利用方法
民間の介護保険の必要性
介護保険を活用する前に、「介護にかかるお金」を把握する
火災保険と地震保険の基礎知識

ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ