一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

サブプライムローンの崩壊とリーマンショックの関係

サブプライムローンの崩壊とリーマンショックの関係

 

2008年、アメリカの大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが経営破綻をしました。これをきっかけに世界恐慌が起きました。リーマン・ブラザーズが破綻した理由はサブプライムローンの崩壊です。

 

今回は「サブプライムローンとは何か」、そして「なぜサブプライムローンの崩壊がリーマンショックに繋がったのか」を解説していきます。

 

サブプライムローンとは住宅ローンのこと
サブプライムローンを直訳すると「格下のローン」となります。どのようなローンかというと、低所得者や転職を繰り返している人など、社会的信頼が低い人でも組むことができるローンのことです。

 

日本では、住宅ローンに対してしっかりとした審査基準があります。銀行はローンを組み、その利子で儲けるので、これから数十年にわたって、しっかりと返済できる見込みがある人にお金を貸すわけです。銀行としては、誰にでもローンを組むわけにはいきません。

 

ところが当時のアメリカは、この審査基準がかなり低く、多くの人が住宅ローンを組んでいました。住宅ローンの返済が止まれば、貸した側は担保の土地と建物を取り上げ、競売にかけます。当時のアメリカは住宅価格が右肩上がりだったため、そのほうが儲かるくらいだったのです。

 

住宅ローンを返せなかった人も、担保の土地と建物さえ渡せば、その後のローンを支払う必要はありません。「もしローンを払えなければ、また貸家に戻ればよい」という気楽な考え方でした。貸し手と借り手の利害が一致し、サブプライムローンはどんどん広がっていきました。

 

ただ、住宅ローン会社は「債権」という、貸したお金を返してもらう権利を持つことになります。ただ、この債権には、返してもらえないというリスクがあります。場合によっては、住宅価格が下がることによって貸したお金の返済のめどが立たないことがあるからです。

 

いかに、当時のアメリカの住宅価格が右肩上がりであったとはいえ、リスクの抱え過ぎは危険です。

 

そこで、住宅ローン会社はこの債権をリーマン・ブラザーズなどの投資銀行に売ったのです。上記で述べたように、この住宅ローンは当時、貸し手側に大きなメリットがありました。そこで投資銀行は、積極的にこの債権を買ったのです。

 

住宅ローン会社は投資銀行に債権を売ることによって、現金を手に入れることができます。その現金を使い、またサブプライムローンを組みます。そうして住宅バブルは大きくなっていきました。

 

債権の移動は投資銀行にとどまりません。投資銀行はサブプライムローンの債権を小分けにして証券化し、ほかの商品と一緒にパッケージ化して売りました。ほかの商品とは、一般企業の社債や株式などさまざまです。パッケージ化することにより、リスクが分散されます。

 

この商品はS&Pやムーディーズなどの世界的格付け会社から最高評価である「トリプルA」をもらいました。つまり、最も安全な金融商品ということです。

 

サブプライムローンの債権は高利です。その債権が入っているパッケージ商品は購入者にとって、とても魅力です。格付け会社から最高評価を得ていることもあり、このパッケージ商品はとても売れました。

 

ところがサブプライムローンを返せない人が続出し、ついに住宅バブルがはじけたのです。

 

住宅バブルの崩壊によるリーマン・ブラザーズの破綻
住宅バブルが崩壊すると、サブプライムローンの債権やそれが含まれている証券の価値はなくなります。聞いたことがあるかと思いますが、「紙くず同然」というやつです。債券や証券を多く持っているほど、大損害となります。

 

実際に、リーマン・ブラザーズはサブプライムローン関連に多額の投資をしていました。世界的な大銀行でも、これほどの金融不安には対応できなかったのです。

 

通常であれば、銀行同士でお金の貸し借りがあり、救済という流れにもなります。ただ、これほどの金融不安だと「あの銀行は大きな損害を出しているかもしれない」と相手を信用できず、お金を動かすことができなくなったのです。

 

さらに当時のアメリカはブッシュ政権でした。共和党は民間経済に関与することを嫌うので、リーマン・ブラザーズほどの大銀行の経営が危うくなっても、公的資金の投入などはしませんでした。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ