一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

消えた年金記録と基礎年金番号制度の関係

消えた年金記録と基礎年金番号制度の関係

2007年、日本の年金制度において前代未聞の事件が起こりました。

 

なんと、「払った年金の記録が残っていない」ということが発覚したのです。

 

年金記録が残っていないと、年金を払っていないことになってしまいます。つまり、将来年金を受け取ることができません。そうなってしまっては、何のために年金を払っているか分かりません。

 

いったいなぜ、このような事態になってしまったのでしょうか?

 

今回は、「年金記録が消えた理由」について解説していきます。

 

基礎年金番号制度
私たちは、20歳になると自動的に年金に加入することになります。年金に加入すると、年金番号を与えられます。その番号で管理されるわけです。

 

以前は、結婚したり、転職したりすると新たな年金番号が与えられました。場合によっては、1人で2つも3つも年金番号を持っていたことになります。一時、日本の年金番号は3億件以上あったと言われています。

 

1人が複数の年金番号を持っていると、管理が複雑になってしまうので、1人につき1つの年金番号に統合することになりました。

 

これが、1997年に施行された「基礎年金番号制度」です。年金番号が一つになるので、「基礎」という言葉が付いています。

 

しかし、この基礎年金番号制度が、年金記録が消えた原因となったのです。

 

人為的ミスで年金記録が消えた
複数あった年金番号の統合は、人の手によって行われました。当時、社会保険庁の職員がこの作業を行っていました。

 

例えば、Aさんが年金番号を2つ持っていたとしたら、社会保険庁の職員がコンピューター上で、2つの年金番号を1つにまとめるという作業をしていたのです。

 

一見、何の問題もないように見えますが、この作業によって年金記録が消えてしまいました。

 

人の名前には、さまざまな読み方があります。例えば、大谷であれば、「オオタニ」とも「オオヤ」とも読めます。羽生であれば、「ハニュウ」とも「ハブ」とも読めます。

 

当時のシステムは、人の名前をカタカナで打ち込むようになっていたので、人為的ミスが頻発したのです。本来であれば、しっかりと確認してから行うべきなのですが、管理がずさんなまま作業が進んでしまいました。

 

その結果、5千万件以上の年金番号が未統合のままになってしまいました。いったい誰が払った年金か分からなくなってしまったのです。

 

年金番号の統合ミスに加えて、そもそも社会保険庁が1千万件以上の年金番号を入力していなかったことも発覚しました。

 

以上のような理由で、年金記録が消えてしまったのです。

 

いまだに解明されていない年金記録がある
この問題の発覚後、社会保険庁は解体されました。その後、日本年金機構が設立され、年金記録の解明作業を行うことになりました。

 

日本年金機構は、8年という長い年月をかけて、年金記録の半分以上を解明しました。しかし、残りの半分近くの年金記録は、いまだに誰の記録か分かっていません。

 

日本年金機構は、すでに解析作業を終了しています。そのため、半数近くの年金記録は、このまま解明されることはありません。

 

未解明の年金記録の多くは、支払期間が短かったり、すでに死亡していたりと、年金受給に該当しない記録と言われています。

 

しかし、必ずしも関係ない記録とは言い切れません。国がこれだけずさんな管理をしていたことを考えると、「やっぱり受給できる年金記録も含まれていました」というようなことが発覚しても不思議ではありません。

 

基本的に国の管理はしっかりしていますが、絶対ではありません。再び、年金記録が消えるような事態が発覚するかもしれません。今後はさらに、「自分のことは自分で管理する」という意識が大切になってきます。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ