一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

日本の年金制度が破綻する3つの要因

日本の年金制度が破綻する3つの要因

 

日本人の誰もが年金制度に不安を持っていると思います。「将来、年金はいくらもらえるのだろう?」と考えたことがある人も多いでしょう。

 

年金制度とは、「働いている人が払った年金(年金保険料)を、高齢者が受け取る」というシステムです。

 

日本の年金制度がこれからも成り立つかはかなり疑問です。年金制度自体が無くなることは考えにくいですが、毎月10〜20万円もの年金をもらえるような状況が続くことはまずありえないでしょう。

 

年金制度が破綻すると考えられている要因は、大きく分けて3つあります。いずれも、簡単には解決できないものばかりです。これらの要因を知ることにより、年金制度がいかに厳しい状況にあるのかを理解することができます。

 

そこで今回は、「年金制度が破綻する3つの要因」について解説していきます。あなたやあなたの家族にも関わってくることなので、必ず概要を理解するようにしてください。

 

少子高齢化

年金制度の破綻に繋がる最も大きな要因が「少子高齢化」です。

 

高度経済成長期の頃に比べて、日本人の出生率(一人の女性が一生のうちに産む子どもの平均人数)はかなり下がりました。2000年以降の出生率は、1.3人くらいで推移しています。日本の少子化には、歯止めがかかっていないのが現状です。

 

その一方で、高齢化は進み続けています。日本人の平均寿命は延び続け、毎年のように高齢者(65歳以上)は増え続けているのです。

 

2050年には、日本人の約38%が高齢者になるといわれています。それに対して、生産年齢人口(15歳以上65歳未満:労働者の年齢と考えられています)は約51%です。これは高齢者の1.3倍の値です。つまり、1.3人の労働者で1人の高齢者を支えなければならないということです。

 

そもそも、年金制度は日本人の平均寿命が65歳くらいのときに作られました。そのため、現代の平均寿命で年金制度を維持するのはどう考えても無理があるのです。

 

年金としての収入が少なくなるのに、支出は増える一方です。年金制度が破綻していくのは誰の目から見ても明らかです。

 

日本経済の衰退

年金制度が破綻する2つ目の要因として「日本経済の衰退」が挙げられます。

 

日本経済の衰退は、少子高齢化とも関連しています。いかに平均寿命が延び続けているとはいえ、出生率が少なすぎるので、日本の人口はこれからも減っていきます。特に、生産年齢人口(15歳以上65歳未満)は著しく減少していくでしょう。

 

日本の人口は、2050年に約9,800万人、2100年に約4,800万人になるという予測が出ています。人口が減ると物の消費が少なくなり、その国の経済は衰退していきます。

 

高度経済成長期の日本のように、人口が増えていけば経済が活性化していきます。そして、たくさんの年金を集めることができます。しかし、人口が減っている状況では、たくさんの年金を集めることはできません。一人一人に負担がかかり過ぎてしまうのです。

 

年金資金運用の失敗

3つ目の要因は「年金資金運用の失敗」です。

 

私たちが払っている年金は、ただ貯金されているわけではありません。厚生労働省所轄の「年金積立金管理運用」という名の独立行政法人が、年金資金を運用しているのです。その額はなんと100兆円以上にもなります。私たちが納めている年金は、それほどまでに莫大な金額になっていたのです。

 

その年金資金が順調に増えていればよいのですが、実際の運用はうまくいっていないのが現状です。リーマンショックのときは年間で10兆円近くの負債を出してしまいました。

 

さらに、年金資金の運用の一環としてリゾート施設の経営が行われていました。この施設を「グリーンピア」といいます。政府は「リゾート施設を経営し、年金資金を増やそう」と考えたのです。しかし、その経営は失敗に終わり、大きな赤字を出してしまいました。

 

このように、私たちが払っている年金は、私たちが知らないうちに減っていたのです。

 

以上のような要因を考えると、年金制度が破綻する可能性はかなり高いです。日本という国がある以上、年金制度が無くなることはないと思いますが、実質的に破綻している状況は十分にありえます。しかし、いくら年金制度の破綻を嘆いても、何も始まりません。

 

国が信頼できないなら、自分で年金の代わりとなるものを作り上げなければなりません。このサイトでもさまざまな資産形成法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ