一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

「円高」を望む国民と「円安」を望む国の違い

「円高」を望む国民と「円安」を望む国の違い

円高と円安ではどちらがよいのでしょうか。これは国民か、企業か、国か、つまり立場によって、望ましい状況が変わってきます。今回は「円高、円安とはどのような状態なのか」、「円高、円安になることにより、誰が得をするのか」を解説していきます。

 

為替レートは常に変動している
為替レートとは、外国通貨の単位価格のことを意味します。つまり、1ドルが何円なのか、1ユーロが何円なのかを示す値です。ご存じのように、為替レートは常に変動しています。

 

今でこそ、為替レートが変動するのは当たり前ですが、以前は固定相場制になっていました。1970年までは「1ドル=360円」と決まっていたのです。ところがその後、スミソニアン協定により変動相場制が導入されました。

 

円高とは、円の価値が高くなること
円高、円安とありますが、今回は円高を例に解説します。円高とはどのような状態なのでしょうか。「1ドル=80円」と「1ドル=120円」では、前者のほうが円高になります。

 

例えば、1ドルの商品があるとします。「1ドル=120円」なら120円を出さなければ買えなかった商品が、「1ドル=80円」となれば80円で買えます。同じ1ドルの商品でも、より少ない円で買うことができるようになるのです。

 

つまり、円高とは円の価値が高くなることを意味します。円安はその逆で、円の「価値」が低くなることを意味します。

 

「1ドル=○○円」という部分の○○円が低くなればなるほど、円高が進んでいると理解してください。

 

1970年までの「1ドル=360円」という状態に比べると、現在は比較にならないほどの円高です。日本は長期的に見ると、円高トレンドなのです。

 

国民にとっては円高がよい
それでは円高にはどのようなメリットがあるのでしょうか。私たち国民にとっては、円高が望むべき状況です。

 

日本は輸入大国です。米などは国産が多いですが、多くの食料品は輸入に頼っています。現状として、食料品輸入率は60%を超えています。日本は人口が減り、産業も衰退していくことが予想されるので、今後も輸入に頼る割合は大きくなることが考えられます。

 

食料品だけではありません。石油などの燃料、鉄鉱石などの原料品、半導体や家具など、輸入に頼っている物はたくさんあります。

 

円高になればなるほど、輸入大国に住んでいる国民にとっては恩恵があります。同じ1ドルの商品でも、より少ない円で買うことができるからです。

 

海外旅行を例にすると分かりやすいです。「海外旅行」という商品を買うと考えてください。1,000ドルのハワイ旅行でも、「1ドル=120円」なら12万円もかかりますが、「1ドル=80円」なら8万円で行くことができます。

 

このように、私たち国民にとって、円高は歓迎すべきことなのです。

 

企業にとっては円高がよいのか、円安がよいのか
それでは企業は円高を望んでいるのでしょうか、それとも円安を望んでいるのでしょうか。これは輸出企業か輸入企業かで変わってきます。

 

輸入企業であれば個人と同じです。円高になればなるほど、輸入による利益が大きくなります。

 

輸出企業はその逆です。トヨタなどの自動車メーカーは、海外に多くの自動車を販売している輸出企業です。円安になればなるほど輸出による利益が大きくなります。

 

国は円安を望んでいる
一方、国にとって円高は望ましくありません。円高では円の価値が高くなります。円の価値が高くなると、そこまで多くのお金が市場に流通していなくてもよくなります。

 

借金大国の日本としては多くのお金を流通させ、借金の割合を薄めたいと考えています。円高では、これと逆行した流れになります。

 

つまり、国は円安を望んでいます。円高を望む国民とは逆になります。一概には言えませんが、国と国民の利害は対立することが多いです。国にとってはどのようなことがメリットになるのかをしっかりと理解し、今後の国の情勢や個人の対策を考えていかなければなりません。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ