一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

インフレになると借金が減り、資産も減る

インフレになると借金が減り、資産も減る

あなたはインフレ(インフレーション)がどのような現象かご存知でしょうか。おそらく、インフレという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。今回は、インフレが借金や資産にどのような影響を及ぼすのかを解説していきます。

 

物価が上がることをインフレといいます。インフレになると商品の値段が上がるため、企業の売り上げが上がります。企業の業績が上がるため、企業の運用資金や社員の給料も上がります。運用資金や給料が上がるほど、消費が増えていきます。

 

それに伴い、個人や企業の借金は減っていきます。これはどういうことなのでしょうか。

 

インフレになると借金が減る
例えばあなたが300万円の借金をしているとします。毎月の給料は30万円です。借金は給料の10ヶ月分です。

 

ただ、インフレが進行して給料が上がり、月60万円になったとします。このとき、借金は給料の5ヶ月分ということになります。さらにインフレが進行し、給料が150万円になったとします。そうなれば二ヶ月あれば借金が返せます。

 

このように、インフレが進行すると借金は減っていきます。借金の額は変わりませんが、価値が減っていくのです。借金を抱えている人にとっては、インフレになるほど生活しやすくなります。

 

多額の借金を抱えた日本にとっては、インフレになることが望ましいです。借金の価値が減っていくのは個人や企業、国とどれも変わりません。

 

インフレになると資産も減る
ただし、インフレになると資産(いま持っている物の価値)も減ります。

 

インフレになると物価は上がります。物価が上がっても、生活に必要な物は変わりません。そうなると必然的に支出が増えます。

 

例えばリンゴ一個が100円とします。1,000円あれば10個買える計算になります。インフレが進行して物価が上がり、リンゴ一個が200円になったとします。すると、1,000円で5個しか買えなくなるのです。この場合、1,000円という「資産の価値」が減ったことを意味します。

 

このように物価が上がると資産は減ります。同じ金額でも価値が減ってしまうため、買える物が少なくなります。あまり意識しないかもしれませんが、お金の価値は一定ではありません。常に変動しているのです。

 

インフレで困る高齢者
インフレになっても給料が入るサラリーマンは問題ありません。苦しくなるのは、主に貯金や年金で生活する高齢者です。貯金の価値が減るのですから、生活はどんどん苦しくなります。

 

それならば、年金は上がるのでしょうか。今後、年金は減る一方です。日本の借金の状況を考えると、インフレになっても年金が上がるとは考えにくいです。国は国民にお金を多くあげる余裕はないのです。

 

ちなみにデフレ(デフレーション)になるとこの逆の現象が起こります。物価が下がり、借金の価値が上がり、資産の価値も上がります。借金を抱えている人にとってはインフレが望ましく、資産を持っている人にとってはデフレが望ましいのです。

 

日本は借金大国なので、インフレになるようにさまざまな政策を行います。この目的は、「日本の借金を減らすため」と「高齢者の資産を減らすため」の2つがあります。日本の情勢を考えると、個人ごとにインフレ対策をするのが必須になります。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ