一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

資産運用の基本戦略:「世界経済の成長」に投資する

資産運用の基本戦略:「世界経済の成長」に投資する

 

日本の将来に不安を抱かない人は少ないと思います。なぜなら日本はこれからも人口が減り続け、経済が衰退していくからです。そうなると、私たちの生活に悪影響が及ぶのは目に見えています。年金の支給額も間違いなく減っていくでしょう。

 

将来安定した生活を送るためには、今のうちから資産を形成していかなくてはなりません。資産を形成するためには、資産運用を行う必要があります。これからの時代を考えると、ただ貯金をしているだけでは十分な資産を形成するのはかなり難しいです。

 

ただ、何も考えずに資産運用を行えば良いというわけではありません。何の知識や戦略も持たずに資産運用を行なってしまうと、おそらく資産を失ってしまうでしょう。

 

資産運用にはいくつかの「基本戦略」があります。その戦略の一つに「世界経済の成長に投資する」というのがあります。この戦略に則って資産運用を行えば、かなりの確率で資産を増やすことができます。

 

今回は資産運用の基本戦略である「世界経済の成長への投資」について解説していきます。資産運用を行う際は、必ずこの考え方を認識した上で実践するようにしてください。

 

日本の高度経済成長期と資産価値の関係
将来的に日本の経済は衰退していくと予想されています。しかし、昔は経済が大きく成長した時代もありました。それが日本の「高度経済成長期」です。高度経済成長期の成長度合いの凄まじさを示すために、「日経平均株価」に焦点を当てて話を進めていきます。

 

日経平均株価とは、日本の中心的な企業の平均の株価です。日本経済の指標としてよく用いられます。日本経済新聞社が225銘柄を制定して、その銘柄の平均株価が日本経済の指標となるのです。一概にはいえませんが、この株価が高ければ高いほど好景気であると理解してください。

 

1950年は日経平均株価が100円でした。その後日本は高度経済成長を遂げ、1990年には38,915円まで上がりました。物価の上昇を考慮する必要はありますが、40年間で400倍近くまで上昇したことになります。

 

1950年に100万円分の株を持っていれば、1990年には3億8,915万円分の価値になったということです。

 

これは国内の話ですが、海外から投資をしていればさらに資産を増やすことができたことになります。

 

1950年から1990年の間に、円の価値はポンド(イギリスの通貨)に対して4倍まで上昇しました。1950年は「1ポンド=約1,000円」だったのが、1990年には「1ポンド=約250円」になっていたのです。

 

ここで、当時のイギリス人の立場になって考えてみましょう。1950年(1ポンド=約1,000円)に1,000ポンドを両替して、100万円分の日本株を購入したとします。1990年には株価が上昇し、3億8,915万円分の価値になっています。

 

この時点ですべての株を売却し、ポンドに両替したとします。そうすると約160万ポンドも手に入れることができたことになります。40年間で資産が1,600倍(1,000ポンド→160万ポンド)も膨れ上がったのです。

 

前述のとおり物価も上昇しているので一概には比較できませんが、それだけ日本の高度経済成長は凄まじかったということです。そして為替の変動を利用すれば、国内で資産を保有するよりも多くの資産を築くことができたことになります。

 

ただ、これからは日本の経済は衰退していくので、資産の価値が勝手に増えていくことはありえないのです

 

急激に経済発展する国に投資する
それでは今後はどのようにして資産運用を行えばよいのでしょうか? この問いに答えるには、「1950年のイギリス人の立場に立つ」ことが大きなヒントになります。

 

上述のように、日本の経済は衰退していきます。ところが、日本とは反対に世界の経済はこれからも成長していくのです。

 

世界の人口はこれからも増え続けます。2060年には100億人を超えると予測されているのです。人口が増えれば増えるほど消費が増え、経済が活性化していきます。そのため、世界経済はこれからも成長していくことになります。

 

世界経済の成長の中心となるのは東南アジアや中東、南アメリカ、アフリカなどの「人口が増加する国」です。人口が増えれば住宅や車、食料品、生活雑貨などさまざまな物が売れます。消費が多くなれば経済が活性化し、好景気となっていくのです。

 

また、「大手企業が生産工場などを設立している国」も経済が成長していきます。大手企業が国内から生産工場を海外に移すということは、その国の人件費が安いということです。そして工場が増えるほど雇用人口が増え、その国の経済は大きく発展していきます。

 

このように、これからの世界経済は、1950年以降の日本のように成長していく可能性が高いのです。

 

そして上記のイギリス人のように、「急激に経済発展する国に投資する」というのが、投資における基本的な戦略といえます。その国の将来を見据えて、長期的な視点で投資を行うことが重要なのです。

 

ここまでの内容で示しているように、「今後どのようにして資産運用を行えばよいか?」に対する答えは「東南アジアや中東、南アメリカ、アフリカなどの成長国に投資する」となります。

 

ここで一つ注意点があります。それは、「一つの国に偏った投資は危険」ということです。発展途上国であるほど紛争や政治問題など、何が起こるかわかりません。そのため、いくつかの国に分散して投資することをおすすめします。

 

ただ、よほど資産があれば別ですが、個人でいくつかの国に分散投資を行うのは難しいかもしれません。そこで、資産運用のプロに任せることにより、分散して投資をしてもらうのです。そのような方法を活用すれば、少額の資産でも資産運用を行うことが可能です。

 

もちろん私も何人かのプロに資産運用を依頼しています。時間はかかりますが、海外投資に関しては今のところ損失を出したことがありません。自分の実体験からも、「世界経済の成長に投資する」というのは正しい戦略だと実感しています。

 

以上のように、人口が増加する国を中心に世界経済の成長に投資することが資産運用の基本戦略になります。これからの時代は国内だけではなく、海外の資産運用に目を向けることが大切です。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ