一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

投資の必要性:投資をすることでお金の知識を身に付ける

投資の必要性:投資をすることでお金の知識を身に付ける

お金関連のサイトを運営していると、「投資をした方がいいのかな?」と聞かれることがあります。

 

本人の選択になるのでどちらでも良いのですが、できれば投資(資産運用)はしておいた方が良いでしょう。なぜなら今後の日本の情勢を考えると、貯金をしているだけでは資産を守ることが難しいからです。

 

ただ、投資にリスクは付きものです。必ず儲かるというわけではありません。必要性を見極めた上で、自分に合った投資をすることが大切です。

 

そこで今回は、「投資(資産運用)の必要性」について解説していきます。厳密にいうと、投資と資産運用の意味合いは違いますが、今回は同じ意味として話を進めていきます。

 

政府は日本の借金の「価値」を薄めようとしている
貯金をしているだけでは私たちの資産を守れない理由として、「日本の金融情勢」があります。日本は世界有数の借金大国です。政府はその問題を解決するため、お金を大量に発行して借金の割合を薄めようとしています。

 

日本中の総資産は、1,500兆円以上あると言われています。それに対して、日本の借金は約1,000兆円です。つまり、借金の割合は「資産の3分の2」です。これほどまでに借金が多いと、国の将来はかなり不安です。

 

極端な話ですが、政府がお金を大量に発行し(実際にお金を発行するのは日本銀行)、日本中の総資産が約3,000兆円になったとします。そうなれば、借金の割合は「資産の3分の1」になります。借金の額は変わりませんが、その割合が減ったことになります。

 

国は長い年月をかけてこのような政策を行っています。そうしなければ借金の額が資産の額を超えて、国が破産してしまうからです。

 

つまり、貯金を持っているだけでその価値が減っていきます。それならば投資などで資産を他の形に変え、その価値を維持することが資産を守ることに繋がります。

 

投資をすることでお金の知識が身に付く
貯金をしているだけでは将来の対策として不十分な理由は、「日本の金融情勢の不安」だけではありません。より具体的にいうと、貯金しているだけでは得られないものがあります。

 

投資をすることによって得られるものとして、「お金の知識」があげられます。投資をすることが、お金の勉強をすることに繋がるのです。

 

日本人は海外の人に比べてお金の知識が少ないです。あまり実感はないかもしれませんが、日本の金融教育は他の先進国に比べてかなり遅れています。

 

海外では、「将来の資産形成は国に任せるのではなく自分自身で行う」という考えが浸透しています。そのため、お金の教育に力を入れる国が多いのです。

 

例えば、アメリカでは小学校の授業に投資のカリキュラムを組み込んでいます。そのためアメリカでは、幼少期から投資をする学生も珍しくありません。

 

また、イギリスでは中学校から経済や金融について学んでいます。つまりイギリスでは、「経済や金融の知識を持つことが人間力の一つになる」と考えられているのです。

 

教育で得られなかったお金の知識を得るためには、実践で学ぶしかありません。自分で投資を行うことが、金融の知識を付けるための近道になります。

 

仮に数年後に、「貯金をし続けた場合の資産」と「投資をした場合の資産」が同じだったとしたら、投資をした方が得をしたことになります。なぜなら、その分のお金の知識を得ることができたからです。

 

投資をするときの注意点
それでは、具体的にどのような投資をすれば良いのでしょうか? このことに関しては、一概にどれが良いとは言い切れません。投資によってメリット・デメリットがあり、その人に向いているものと向いていないものがあります。

 

そのため、まずは投資の勉強を始め、徐々に知識を付けていくことが大切です。このサイトでもさまざまな「お金の知識」を紹介しているので、参考にしてみてください。

 

ただ、投資をするときに注意してもらいたいことがあります。それは、「投資商品を販売している人の狙い」です。

 

投資の商品にはさまざまなものがあります。銀行が勧めてくる「投資信託」であったり、証券会社が勧めてくる「株」であったりします。不動産屋であれば「マンションなどの不動産」を勧めますし、保険の営業マンであれば「保険と組み合わせた貯蓄型の資産運用商品」を紹介してきます。

 

商品の種類は無数にありますが、商品を販売している人の思いには共通点があります。それは「商品を売りたい」ということです。どのような商品でも、お客様に買ってもらえば手数料が発生します。つまり、販売している人の儲けになるということです。

 

もちろん、お客様の将来の資産形成のために投資商品を提案してくる人も大勢いますが、それと同時に「手数料で儲けたい」という考えも持っているはずです。そのような人の言うことをそのまま鵜呑みにするのではなく、「自分にとって何が本当に必要な投資商品か」を考えて購入することが大切です。

 

将来のことを考えると、貯金をしているだけでは不十分です。ただ、投資を行うときも注意しなければならないことがあります。貯金とのバランスを考え、徐々に投資を始めてみてはいかがでしょうか?


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ