一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

スイス:世界で一番敷居が高いオフショア

スイス:世界で一番敷居が高いオフショア

スイス:世界で一番敷居が高いオフショア 

あなたは、スイスと聞くと何を思い浮かべるでしょうか?

 

名産であるチョコレートを思い浮かべる人もいれば、アルプスの山並みを思う浮かべる人もいるでしょう。

 

もちろん、それらも有名なのですが、スイスは「金融の国」としても有名です。スイスはオフショア(税金がかからない地域)なので、世界中の富裕層がスイスに資産を保管しています。金融業という一面を知ることにより、スイスに対するイメージも変わってくると思います。

 

今回は、「スイスの概要」、「スイスの歴史」、「スイスの金融情勢」について解説していきます。

 

スイスの概要
スイスは、正式にはスイス連邦といいます。ヨーロッパの中心にあり、フランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに囲まれています。

 

多くの国に囲まれているため、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロマンシュ語の4つの言語が公用語になっています。

 

スイスの面積は、41,290km2。九州地方と同じくらいの大きさです。人口は、約780万人。首都はベルンですが、最大の都市はチューリッヒです。

 

通貨は、スイス・フランです。ユーロでないのは、スイスがEUに加盟していないからです。スイスはとても裕福な国であるため、わざわざヨーロッパの他の国と一緒になる必要がありません。スイス国民にとって、EUに加盟することはなんのメリットもないのです。

 

スイスは永世中立国です。永世中立国とはその名の通り、永久に中立の立場にある国のことです。そのため、戦争などは起こしませんし、他の国が戦争をしていても加勢することはありません。

 

戦争をしないといっても、軍人がいないわけではありません。スイスは国軍として、数千人の軍人がいます。正式な軍人ではありませんが、有事の際や訓練などに参加する人も含めると20万人もの予備軍人がいます。

 

スイスの歴史
スイスは、1291年に建国されたとされています。その後の数百年間は、さまざまな戦争が起こりました。1815年のウィーン会議で、永世中立国として認められてからは、戦争は行っていません。

 

第二次世界大戦においても、フランスやドイツ、イタリアに囲まれていながらも、中立の立場を貫きました。

 

スイスは、1945年に成立された国際連合に長い間加入していませんでした。しかし、2002年に国民投票の結果を受け、国際連合の加盟国となりました。

 

スイスの金融情勢
スイスは、オフショア(税金がかからない地域もしくは国)です。そのため、世界的に有名な銀行や保険会社が存在しています。

 

スイスの大手銀行は、プライベートバンクと呼ばれています。プライベートバンクとは、「顧客に合わせてサービスの内容が違う銀行」のことです。一般的な銀行とは違い、その顧客の要望に応じてさまざまな資産運用をしてくれます。

 

スイスのプライベートバンクは、守秘性が非常に高いのが特徴です。顧客情報の取り扱いの厳重さは、世界最高レベルです。

 

例えば、口座は番号で管理されています。そのため、カードなどに個人名が記載されていません。つまり、口座の持ち主が誰なのかが分からないようになっています。

 

また、刑事事件が起きても、基本的には顧客情報を外部に漏らしません。そのため、マネーロンダリング(犯罪などによって不当に得たお金の出どころを分からなくし、正当に得たお金のように見せること)などに使われることもあります。

 

近年では、そのことが問題になり、OECD(経済協力開発機構)から情報の開示をするように勧告を受けています。スイスも、その点においては柔軟に対応するようになってきています。

 

一般の人がスイスのプライベートバンクと契約することは現実的ではありません。もちろん、契約できなくはないのですが、数千万円から数億円の資産がないと契約してくれないプライベートバンクがほとんどです。

 

そのため、スイスは世界一敷居が高いオフショア(税金がかからない地域)と言ってもよいでしょう。

 

もし、オフショアで資産運用をしたいなら、古くからオフショアとして栄えてきたマン島か、日本に最も近いオフショアである香港を選択するべきです。

 

もしあなたがスイスで資産運用をできるなら、すでに相当な資産家になっているということです。

関連ページ

オフショアの基礎知識:オフショアでは税金がかからない
世界中にあるオフショア
オフショアが存在する理由は地域を活性化するためである
オフショアの資産運用には「5つのデメリット」がある
オフショアでの資産運用における優良な日本の仲介業者の見分け方
マン島:歴史が古く、信頼性が高いオフショア
香港:日本に一番近く、日本人に身近なオフショア
ドバイ:急激に発展した中東最大のオフショア
ケイマン諸島:「巨額損失隠し」に使われたオフショア
ヴァージン諸島:アメリカ領とイギリス領に分かれたオフショア
オフショアでは資産が増えても税金がかからない
オフショアの金融商品の手数料が安い理由
オフショアの金融商品は「複利の効果」を利用している
オフショアの金融機関は「世界経済の成長」に投資している
オフショアの資産運用には「ドルコスト平均法」が使われている
ドルコスト平均法で得られる利益と「平均取得単価」の関係性
オフショアの金融商品は「長期積立型」が主流である
長期積立型の金融商品には「初期口座」と「貯蓄口座」がある
長期積立型の金融商品は「4つの手数料」がかかる
長期積立型の金融商品には「3つのボーナス」が付いている
長期積立型の金融商品を解約したときの「返戻金」の概要
オフショアの資産運用は「IFA」によって成果が変わる

ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ