一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

香港:日本に一番近く、日本人に身近なオフショア

香港:日本に一番近く、日本人に身近なオフショア

香港:日本に一番近く、日本人に身近なオフショア 

日本から最も近いオフショア(税金がかからない地域)が「香港」です。日本人にとって身近な国なので、香港で資産運用をしている人も多くいます。

 

今回は、「香港の概要」、「香港の歴史」、「香港の金融情勢」について解説していきます。

 

香港の概要
香港は、正式には「中華人民共和国香港特別行政区」といいます。特別行政区とは、「本国(香港の場合は中国)とは違う政府や法律があり、独自の自治権を持っている地域」のことです。そのため、「香港という国」という認識でも問題ありません。

 

香港は「香港島、九龍半島、ランタオ島を中心とした235の島々から構成される地域」です。

 

香港島は香港の中心となる島です。島内には、ヴィクトリア・ピークなどの観光名所や巨大ショッピングモール、オフィスビル、高級ホテルなどが数多く存在しています。

 

九龍半島は中国本土と繋がっています。特に、香港島に近い九龍地区が栄えています。

 

ランタオ島は香港最大の島であり、香港国債空港が隣接しています。

 

香港の島々の面積の合計は1,104km2 。沖縄本島や札幌市と同じくらいの大きさです。人口は700万人以上。世界でも有数の人口密集地域となっています。通貨は香港ドル(HKD)です。

 

香港の住民は、90%以上が華人と呼ばれる中国系の民族です。残りの数%がその他の民族で、出稼ぎに来ているフィリピン人やインドネシア人がたくさんいます。日本人も住んでいますが、1万4千人くらいしかいません。

 

香港には、年間2,000万人以上の観光客が訪れます。「外国人旅行者の来訪数が世界で最も多い都市」としても有名です。

 

香港の歴史
1842年に終結したアヘン戦争以後、中国の一部であった香港は、大英帝国(世界中に植民地を持っていた時代のイギリス)の植民地として設立されました。第二次世界大戦の間は日本に占拠されていたものの、その後は再びイギリスの支配下となりました。

 

1997年、約150年ぶりに中国に返還され、現在に至ります。中国に返還されてからは、オフショアとして爆発的な経済発展を遂げました。ちなみに、香港の近くにあるマカオは、ポルトガルから返還された特別行政区です。

 

香港の銀行
香港はオフショアなので、所得税、キャピタルゲイン税(投資や資産運用などによって得た利益にかかる税金)などの税金がかかりません。そのため、世界中の金融機関や大企業が香港に進出するようになりました。

 

特に有名なのが「銀行」です。香港には、世界的な大銀行が数多く存在します。なかでも、HSBC(香港上海銀行)やスタンダードチャータード銀行が有名です。それらの銀行は世界中に支店があります。総資産も世界トップクラスです。

 

それらの銀行に資産運用を依頼することができますが、注意が必要です。間違った認識をしている人がいるのです。よくあるのが、「香港で資産運用をすれば税金を払わなくてよい」や「投資で増やしたお金を香港の銀行に移せば税金を払わなくてよい」などという認識です。

 

なぜそのように認識しているかというと、悪徳な業者がそのように言っているからです。業者はそのように言って、金融商品の購入に繋げようとしてきます。

 

日本人である以上、どこで資産が増えても最終的には税金を払わなくてはなりません。ただ、オフショアで資産が増える分には税金を払う必要がありません。実際にお金を使うときなどに「利益確定」となり、税金を払うことになります。

 

「最終的に税金を払うなら、オフショアで資産運用をする意味がないのでは?」と思われるかもしれませんが、そのようなことはありません。税金を払うことなく資産を増やし続けられれば、日本では考えられないほどの資産を形成できるのです。

 

ちなみに、香港の銀行で口座を持つからといって、必ずしも香港ドルで積み立てなければいけないということではありません。世界で最も中心となる通貨である米ドルでの積み立てが主流です。資産保全のために、ドルを保有しておくというのは良い選択といえます。

 

香港のIFA
香港では、IFA(Independent Financial Advisor:独立系のファイナンシャル・アドバイザー)が充実しています。IFAはプロの資産運用会社です。香港には、その会社が600以上も存在しています。

 

オフショアは世界中にありますが、実際に資金が運用されているのは香港である場合が多いです。

 

例えば、私はマン島の保険会社と契約し、資産運用を依頼しています(保険会社と契約をしているからといって、必ずしも保険商品の契約をしているわけではありません)。お金を預けているのはマン島の保険会社ですが、それを運用しているのは香港のIFAです。

 

将来の対策として資産運用を行うにあたり、香港の存在は欠かせません。欠かせない存在であるからこそ、香港の金融商品を売ろうとする業者もたくさんあるのです。香港の金融商品はメリットが大きいですが、慎重に業者を選び、資産運用を行うことをおすすめします。

関連ページ

オフショアの基礎知識:オフショアでは税金がかからない
世界中にあるオフショア
オフショアが存在する理由は地域を活性化するためである
オフショアの資産運用には「5つのデメリット」がある
オフショアでの資産運用における優良な日本の仲介業者の見分け方
マン島:歴史が古く、信頼性が高いオフショア
ドバイ:急激に発展した中東最大のオフショア
ケイマン諸島:「巨額損失隠し」に使われたオフショア
ヴァージン諸島:アメリカ領とイギリス領に分かれたオフショア
スイス:世界で一番敷居が高いオフショア
オフショアでは資産が増えても税金がかからない
オフショアの金融商品の手数料が安い理由
オフショアの金融商品は「複利の効果」を利用している
オフショアの金融機関は「世界経済の成長」に投資している
オフショアの資産運用には「ドルコスト平均法」が使われている
ドルコスト平均法で得られる利益と「平均取得単価」の関係性
オフショアの金融商品は「長期積立型」が主流である
長期積立型の金融商品には「初期口座」と「貯蓄口座」がある
長期積立型の金融商品は「4つの手数料」がかかる
長期積立型の金融商品には「3つのボーナス」が付いている
長期積立型の金融商品を解約したときの「返戻金」の概要
オフショアの資産運用は「IFA」によって成果が変わる

ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ