一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

オフショアでは資産が増えても税金がかからない

オフショアでは資産が増えても税金がかからない

オフショアで資産運用を行うと、長期的に安定して資産を増やすことができます。それにはさまざまな要因がありますが、「税金がかからない」ということが最も根本的な理由です。

 

オフショアとは、「税金がかからない地域」のことです。そのため、所得税やキャピタルゲイン税(株式や債券、不動産などを売却したときの利益にかかる税金)、法人税などの税金がかかりません(もしくはほとんどかかりません)。

 

そこで今回は、「オフショアと税金の関係」について深く解説していきます。日本の税制とはどのように違うのかを知ることで、「なぜオフショアで資産が増えるのか」ということも理解できるはずです。

 

オフショアが作られた経緯
なぜオフショアでは税金がかからないのかというと、「そのような地域であるから」としか答えようがありません。そもそもオフショアは、「税金がかからない地域を作ろう」という思想のもとに作られました。

 

オフショアは、もともと何もない場所に作られるケースが多いです。「香港やシンガポールなどの島」や「モナコのような小さい国」には、本来何の資源もありません。それらの地域をオフショアにすることにより、人とお金が集まるようにしたのです。

 

分かりやすい例がドバイです。1960年代、ドバイは原油産業によって栄えていました。しかし、原油産業がいつまでも続かないことは明白です。1970年代からは原油依存経済からの脱却を図るため、オフショアとなり経済発展を遂げてきました。

 

その地域をオフショアにするかは一種の賭けのようなものです。税収を捨てる代わりに、爆発的な経済発展を狙います。

 

そしてオフショアが作られる背景には、「超大金持ち」の力が働いているといわれています。超大金持ちは莫大な資産を守るために、自分にとって都合の良いオフショアが必要なのです。お金がたくさんあれば、オフショアを作るように働きかけることができるでしょう。

 

この説がどこまで本当なのかは分かりませんが、確かなことは「オフショアが存在する」ということです。オフショアが存在する以上、それを利用するかどうかはその人の自由です。私たちもオフショアでお金を運用をすることで、資産を大きく増やすことができるかもしれません。

 

オフショアではキャピタルゲイン税がかからない
キャピタルゲイン税とは、「株式や債券、不動産などを売却したときの利益にかかる税金」のことです。

 

日本では20万円以上の利益を得た場合に、確定申告をしてキャピタルゲイン税を納める義務があります。その税率は「利益の20%」です。

 

例えば、株式を売却して50万円の利益を得たとします。その20%がキャピタルゲイン税となるので、10万円を納めなければなりません。そうなると、この株式を40万円以下で購入している場合に、ようやく利益を得ることができる計算になります。

 

このように利益の20%もの税金を取られては、資産を増やすのは簡単ではありません。

 

それに対してオフショアでは、株や債券のファンド商品(投資信託商品)を売って利益を得ても、キャピタルゲイン税を払う必要がありません。税金の心配をすることなく、資産を増やし続けることができるのです。

 

オフショアでは所得税がかからない
日本の所得税は累進課税制度となっているので、多くの所得(収入から経費を引いた残りのお金)を得るほど、たくさんの税金を払わなくてはなりません。これではなかなか資産を増やすことができません。

 

それに対して、オフショアでは運用によって資産がいくら増えても、所得税を払う必要がありません。安心して稼ぎ続けることができるのです。

 

以上のように、とにかく税金がかからないことがオフショアの最大のメリットです。もちろん、その地域の法律に基づいてのことなので、脱税をしているわけではありません。税金から逃れているわけではなく、「税制上の優遇措置を受けられる」ということです。

 

ただ、オフショアにある資産を日本に戻すときには、税金を払わなければなりません。資産が増えても税金がかからないのは、あくまでオフショアの中での話です。オフショアでの資産運用が終わり最終的な利益が確定したら、必ず税金を払うようにしましょう。

 

最終的には納税をすることになりますが、「資産形成の途中で税金を払わなくてもよい」というのは、非常に大きなメリットになります。その違いがあるからこそ、日本で貯金しておくよりも、かなり多くの資産を形成することができるのです。

関連ページ

オフショアの基礎知識:オフショアでは税金がかからない
世界中にあるオフショア:香港、シンガポール、ドバイ、マン島など
オフショアが存在する理由は「地域を活性化するため」である
オフショアの資産運用には「5つのデメリット」がある
オフショアでの資産運用における優良な日本の仲介業者の見分け方
マン島:歴史が古く、信頼性が高いオフショア
香港:日本に一番近く、日本人に身近なオフショア
ドバイ:急激に発展した中東最大のオフショア
ケイマン諸島:「巨額損失隠し」に使われたオフショア
ヴァージン諸島:アメリカ領とイギリス領に分かれたオフショア
スイス:世界で一番敷居が高いオフショア
オフショアの金融商品の手数料が安い理由
オフショアの金融商品は「複利の効果」を利用している
オフショアの金融機関は「世界経済の成長」に投資している
オフショアの資産運用には「ドルコスト平均法」が使われている
ドルコスト平均法で得られる利益と「平均取得単価」の関係性
オフショアの金融商品は「長期積立型」が主流である
長期積立型の金融商品には「初期口座」と「貯蓄口座」がある
長期積立型の金融商品は「4つの手数料」がかかる
長期積立型の金融商品には「3つのボーナス」が付いている
長期積立型の金融商品を解約したときの「返戻金」の概要
オフショアの資産運用は「IFA」によって成果が変わる

ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ