一生使える「お金の知識」を公開:年金、税金、保険、投資・資産運用など

「貯金=資産」ではない

「貯金=資産」ではない

人生において、お金が全てではありませんが、お金があれば解決できる問題はたくさんあります。そのため、多くの人が資産を増やしたいと考えます。

 

しかし、高度経済成長期でもない限り、放っておいても資産が増えることはありません。バブル崩壊後、日本は長い間不況が続き、これからも景気が良くなるとは考えにくいです。そのため、資産を増やすには、さまざまな資産運用をしなければなりません。

 

資産を増やすというと、「貯金をする」と考える人は多いです。しかし、貯金が増えれば、資産が増えることになるのでしょうか?

 

貯金は、資産の形の一つにすぎません。そのため、貯金があるからといって、資産があるとは言い切れないのです。

 

今回は、「貯金が資産にならない理由」について解説していきます。

 

「貯金=資産」ではない
日本人はどういうわけか、「貯金=資産」と思っている人が大勢います。「とにかく貯金を増やしたい」と考えている人です。確かに、間違いではないのですが、正解というわけでもありません。

 

どういうことかというと、貯金(円)の価値は一定ではないのです。今、100万円を持っていても、世の中のすべての物の値段が2倍になれば、50万円の価値しかなくなってしまいます。

 

日本は、1,000兆円以上の借金がある借金大国です。そして、日本中にある資産(政府、金融機関、企業、個人などの資産の合計)を合計すると、1,500兆円あると言われています。

 

つまり、国全体として資産が1,500兆円ありますが、借金も1,000兆円あるので、国の資産の2/3が借金の状態です。これほど借金を抱えている国は、世界では日本とアメリカだけです。

 

国は、借金の「価値」を薄めるためにお金を大量に発行し続けています。仮に、お金を発行し続け、日本中にある資産が3,000兆円になれば、借金が資産の1/3まで減ります。借金の割合を薄めるために、国はお金を発行せざるをえない状況なのです。

 

世の中のお金の量が多くなると、物の値段が上がります。世の中にある物の数は変わらないのに、お金の量だけ多くなれば、連動して物の値段は上がっていきます。

 

上記で述べたとおり、100万円を持っていても、世の中のすべての物の値段が2倍になれば、50万円の価値しかなくなってしまいます。

 

このように、貯金(円)の価値は一定ではありません。将来の日本の情勢を考えると、円の価値が下がっていくのは明白です。日本の情勢はどうすることもできないので、私たち個人が対策を取らなければなりません。

 

そこで、貯金以外の資産を持つことが重要になってくるのです。

 

外貨を持つことが資産を守ることになる
資産には、株や債券、不動産、外貨など、さまざまなものがあります。決して、貯金だけが資産とは思わないでください。

 

数ある資産のなかで、円の対極となる資産が外貨(ドル、ユーロなど)です。円の価値が下がっても、外貨を持っていれば、その分の資産価値は保たれます。

 

例えば、100万円を持っているとします。国がお金を発行し、物価が上がれば、100万円の価値はどんどん下がっていきます。貯金しか持っていないと、資産価値は下がる一方です。

 

それに対して、100万円分の外貨を持っているとします。今回は、世界の中心となる通貨であるドルを持っていることにします。仮に、1ドル=100円であれば、100万円分の外貨は1万ドルになります。

 

世界の人口はこれからも増え続け、経済が活性化していくので、日本のように「お金を大量に発行する」という借金対策をする必要がありません。世の中のお金の量が変わらなければ、物の値段は変動しません。つまり、1万ドルの価値は保たれます。

 

このように、ドルをはじめとした外貨を持つことで、資産価値を保つことができます。

 

世界で最も使われている通貨は、ドルです。日本人でも、ドルを保有している人は多いです。

 

世界で二番目に使われている通貨は、ユーロです。ヨーロッパ圏で広く使われています。

 

中国の元(げん)の勢いがありましたが、中国経済危機などで信頼性に疑問が持たれています。

 

発展途上国の通貨を持つという選択肢もあります。発展途上国では、8%や10%などの金利が付くこともあります。ただ、それほどの金利が付くということは、国が安定していないということです。発展途上国では、銀行でお金がおろせなくなるという事態もありえます。

 

どの外貨を持てばよいのか迷うかもしれませんが、正解はありません。しかし、円だけしか持たないのは大きなリスクになります。

 

日本で生活していると、あまりピンとこないかもしれませんが、貯金(円)は絶対的な資産ではありません。さまざまな外貨を持ち、資産を分散しておくことが重要です。貯金にある程度余裕が出てきたら、ドルやユーロなどの外貨を持つことをおすすめします。


ホーム サイトマップ
ホーム メルマガ登録 プロフィール サービスメニュー お客様の声 お問い合わせ